株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  講演・イベント情報 >  谷真海の活動レポート

谷真海が「MINATOシティハーフ」で人生初のハーフに挑戦、2時間切りゴール


2018/12/5
活動レポート

■「MINATOシティハーフマラソン2018」
■12月2日(日)
■東京都港区・芝公園周辺スタート~東京タワーフィニッシュ

 

 谷真海(サントリー)が金哲彦とともに「MINATOシティハーフマラソン2018」にてゲストランナーを務め、ハーフマラソンに出場しました。

 

 谷にとっては人生初の距離への挑戦で、「まずは完走」という目標でしたが、沿道の皆さんやランナーの皆さんの応援もあって、終始良いペースを守り、最後はペースアップして2時間切りでゴールすることができました。

 トークショーでは、「『谷さん頑張って』と声がけして下さったランナーの皆さん、寒い中沿道から応援して下さった皆さん、ありがとうございました!」と感謝し、「2020年パラリンピックにチャレンジするチャンスを再び頂いたので、がんばります。港区は2020年のトライアスロンの会場でもあります。応援はとても力になるので、ぜひ皆さん、生の迫力を観に来てください」と話しました。

 谷は自身のフェイスブックでも今回の出場を報告し、「義足になって走れるようになるなんて…感慨深いです」とコメントしています。



活動レポート一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.