株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  講演・イベント情報 >  髙橋礼華の活動レポート

髙橋礼華が東京新橋でトークショー。FINALSへの意気込みなどを語りました


2018/12/4
活動レポート

■「YONEX TOKYO SHOWROOM」オープニングイベント
■12月3日(月)
■東京都港区

 

 髙橋礼華(日本ユニシス)が東京・新橋にオープンした「YONEX TOKYO SHOWROOM」でトークショーを行ない、約50名のファンやお客様を前に、ショールームに来た感想と、ワールドツアーファイナルズや来年に向けての意気込みを話しました。
 
 12日から始まるツアーファイナルズについては、「全日本総合は決勝で負けはしたんですけど、ツアーファイナルに向けてはいいプレーができたと思うので、一つずつ自分たちのプレーを出しきって、今年最後の大会を優勝で締めくくれたら」と話し、現時点の二人の調子やプレーに手応えを感じているようです。
 
 また、好きな言葉として「ポジティブ、前向き」をあげ、試合で負けたときも敗戦に向き合い、すぐ次に切り替えられるのは、「幼いころから両親にいつもポジティブな言葉をかけてもらってきたから」だと語りました。

 この日は、髙橋だけでなく、妹の沙也加選手や、スエマエペアで活躍された前田美順さん、ヨネックスバドミントン部所属の選手たちも多く訪れ、サイン会やお客様とのじゃんけん大会も行ない会場は大いに盛り上がりました。
 
※12月1日(土)にオープンした「YONEX TOKYO SHOWROOM」は、国内外のお客様向けの情報発信ショールームとして秋葉原店に続き、2店舗目となります。バドミントンだけでなく、さまざまなYONEX製品を体験でき、機能を感じられる場となっています。



活動レポート一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.