株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ライツ・ネットワークメンバー一覧 >  安永聡太郎のプロフィール

安永聡太郎

Sotaro Yasunaga

元プロサッカー選手・指導者、サッカー解説者

日本だけでなく、スペインリーグでも活躍。JFAこころのプロジェクト『夢の教室』で日本全国の子どもたちを指導。

生年月日
1976年4月20日
出身地
山口県
出身校
清水市立清水商業高等学校(現・静岡市立清水桜が丘高等学校)

略歴


山口県出身。高校サッカーの名門・清水市立清水商業高校(現・静岡市立清水桜が丘高校)で全国高校サッカー選手権大会など6度の日本一を経験。U-20日本代表に選出され、FIFAワールドユース(現・U-20W杯)に出場。
高校卒業後、横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)に加入。1年目から主力として活躍し、優勝に貢献。翌1997年にスペインのレリダに移籍して、34試合出場4得点。1999年に清水エスパルスに加入し、Jリーグ・セカンドステージ優勝に貢献した。

2001年に横浜F・マリノスに戻り、2002年に期限付き移籍で再びスペインへ。1年間、ラシン・デ・フェロールでプレーした後、横浜F・マリノスに復帰。2005年に柏レイソルに移籍して現役を引退。
その後は指導者に転身し、脳性麻痺7人制サッカー(CPサッカー)日本代表監督、SC相模原監督を歴任。現在は、JFAこころのプロジェクトの夢先生やサッカー解説者として活動している。
5児の子だくさんパパでもある。

選手歴


・横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)(1995 – 1998)
・レリダ(スペインリーグ)      (1997 – 1998) ※期限付き移籍
・清水エスパルス           (1999 – 2001)
・横浜F・マリノス          (2001 – 2004)
・ラシン・デ・フェロール       (2002)     ※期限付き移籍
・柏レイソル             (2005)

日本代表歴


・U-20日本代表
1995年 FIFAワールドユース
 
・U-23日本代表
1996年 アトランタ五輪最終予選メンバー
1996年 アトランタ五輪代表 バックアップメンバー
 
・A代表
1998年 日本代表候補
1999年 キリンチャレンジカップ日本代表(※けがのため辞退)

指導歴


・脳性麻痺7人制サッカー日本代表監督 (2016)
・SC相模原              (2016 – 2017)

トピックス


安永聡太郎が都内で講話。5人の育児経験から子どもの居場所を明確にすることの大切さを伝えました。

Jリーグ、スペインリーグで活躍。夢先生や解説者として活動する安永聡太郎がメンバーに!


アスリート・スポーツ文化人をキーワードで探す

キーワードを入力してください。

フリーワード検索

競技・ジャンルで絞り込む

競技

仕事/ジャンル

実績/経験

依頼内容

講演/研修テーマ

出身・ゆかりの地

フリーワード

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.