株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ライツ・ネットワークメンバー一覧 >  上山容弘のプロフィール

上山容弘

Yasuhiro Ueyama

twitter
facebook
ブログ1

2006、2007年トランポリン男子個人世界ランキング1位
2008年北京、2012年ロンドン、オリンピック2大会連続出場

生年月日
1984年10月16日
出身地
大阪府
出身校
大阪体育大学大学院
所属
ベンチャーバンク

略歴


2005年の世界選手権で、日本人初のメダリストとなり、2006年には世界ランキング1位まで上り詰めた。2007年の世界選手権で、2大会連続のメダルを獲得し、北京オリンピック出場を決めた。
北京ではあと一歩で決勝進出を逃がしたが、2大会連続出場となったロンドン五輪では、5位入賞を果たした。

リオデジャネイロオリンピック出場がならず、2016年に現役引退。しかし、リオで解説を務めた体験や、海外のライバルからの勧めもあって、オリンピックへの思いが再燃。2020年を目指して現役復帰、2018年には世界選手権代表に返り咲いた。

主な競技歴


2000年 第37回全日本選手権大会 シンクロナイズド競技優勝 人見雅樹選手とのペア
2002年 第39回全日本選手権大会 個人優勝
2003年 第40回全日本選手権大会 シンクロ優勝 外村哲也選手とのペア
2004年 第41回全日本選手権大会 シンクロ優勝   〃
2005年 世界選手権大会 個人2位、シンクロ3位   〃
第42回全日本選手権大会 個人優勝、シンクロ優勝   〃
2006年 2005/2006年ワールドカップシリーズ大会 個人 第1戦優勝、第5戦~第8戦 4戦連続優勝
   〃 シンクロ第1戦、第4戦、第8戦 優勝 外村選手とのペア
2005/2006年ワールドカップシリーズファイナル大会 個人優勝、シンクロ 2位   〃
第43回全日本選手権大会 個人優勝(連覇)
第15回ドーハアジア大会 4位
2007年 第44回全日本選手権大会 個人 優勝(3連覇)
世界選手権(ケベック) 個人3位、シンクロ優勝、団体2位 外村選手とのペア
2008年 北京オリンピック 9位(予選敗退)
2007/2008ワールドカップファイナル 個人3位、シンクロ優勝 外村選手とのペア
2009年 世界選手権(サンクトペテルブルグ) 個人3位、シンクロ優勝、団体5位   〃
2010年 ワールドカップシリーズドイツ大会 個人・シンクロ優勝 坂本鷹志選手とのペア
世界選手権(メッス) 個人3位
2011年 ワールドカップシリーズチェコ大会 シンクロ優勝 坂本選手とのペア
世界選手権大会(バーミンガム) 団体戦優勝(初)、シンクロ2位   〃
第48回全日本選手権大会 個人・シンクロ優勝の2冠   〃
2012年 ロンドンオリンピック 5位入賞
2013年 世界選手権大会(ソフィア) シンクロ優勝 山口学選手とのペア
第50回全日本選手権 シンクロ優勝 伊藤正樹選手とのペア
2014年 環太平洋体操競技選手権 個人・シンクロ優勝の2冠   〃
第17回仁川アジア大会 個人3位
第51回全日本選手権大会 個人優勝
2015年 第52回全日本選手権大会 個人2位、シンクロ優勝 伊藤選手とのペア
2016年 2月、第7回都道府県トランポリン競技選手権にて現役引退(2位)
2017年 5月、第4回全日本トランポリン競技年齢別選手権現役復帰(4位)
2018年 環太平洋体操競技選手権 個人、シンクロ、団体の3冠 谷口遼平選手とのペア

表彰


・テレビ朝日ビッグスポーツ賞 五輪奨励賞受賞(2007年)
・文部科学大臣賞国際競技大会優秀賞受賞(2008年)
・第60回読売新聞社日本スポーツ大賞 競技団体別最優秀賞受賞(2011年)

トピックス


有森裕子、小野塚彩那、上山容弘が講師。新潟での“キッズキャンプ”無事終了


アスリート・スポーツ文化人をキーワードで探す

キーワードを入力してください。

フリーワード検索

競技・ジャンルで絞り込む

競技

仕事/ジャンル

実績/経験

依頼内容

講演/研修テーマ

出身・ゆかりの地

フリーワード

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.