株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ライツ・ネットワークメンバー一覧 >  弘山晴美のプロフィール

弘山晴美

Harumi Hiroyama

ブログ1

オリンピック3大会連続出場、世界陸上4大会出場3種目入賞。 日本女子長距離界の第一線で、世界へ挑戦し続けた名ランナー

生年月日
1968年9月2日
出身地
徳島県鳴門市
出身校
国士舘大学

略歴


1500m、3000m、5000mの3種目で同時に日本記録を保持していたことがあり“トラックの女王”と呼ばれた。トラック競技でオリンピック3大会連続出場は、当時の日本人女子で唯一人で、世界陸上は4回出場しマラソンを含む3種目で入賞を果たしている。
選考レースでの展開のあや、選考のあやなどの不運もあって、マラソンでのオリンピック出場はならなかった。

しかし、夫であり監督である弘山勉氏との二人三脚でチャレンジする姿と、レースで見せた粘りの走りが強い印象を残した名長距離ランナー。
2009年3月の東京マラソンを最後に第一線を退き、現在は、講演活動・市民マラソンでのゲスト出走・ランニングクリニックなどで自身の経験を後進に伝えている。

主な競技歴


1992年 日本選手権 1500m、3000m 2種目優勝
1993年 世界選手権シュツットガルト大会 1500m、3000m 2種目出場
1994年 アジア競技大会(広島) 3000m 2位銀メダル
1996年 アトランタオリンピック 5000m 出場
1997年 世界選手権アテネ大会 5000m 8位入賞 15分21秒19
日本選手権 10000m 優勝 31分22秒72
1998年 名古屋国際女子マラソン 3位 2時間28分12秒
1999年 世界選手権セビリア大会 10000m 4位入賞 31分26秒84
日本選手権 10000m 優勝 32分08秒00
2000年 シドニーオリンピック 10000m決勝進出 20位 32分24秒17
2002年 大阪国際女子マラソン 2位 2時間24分34秒
アジア競技大会(釜山) 女子マラソン 2位 銀メダル 2時間34分44秒
2003年 全日本実業団対抗陸上 5000m 優勝
2004年 アテネオリンピック 10000m決勝進出 18位 32分15秒12
2005年 大阪国際女子マラソン 3位 2時間25分56秒
世界選手権ヘルシンキ大会 8位入賞 2時間25分46秒 ※日本女子団体銀メダル獲得
2006年 名古屋国際女子マラソン 優勝 2時間23分26秒
全日本実業団対抗女子駅伝 資生堂チーム初優勝 6区区間賞・区間新記録(20分18秒)
2007年 名古屋国際女子マラソン 2位 2時間28分55秒
北海道マラソン 3位 2時間33分39秒
2009年 東京マラソン 10位 2時間35分39秒  ※現役引退

種目別ベストタイム


800m 2分06秒19(兵庫リレーカーニバル 1994.4.24)
1500m 4分11秒10(織田記念国際陸上 1994.4.29) ※当時の日本記録
3000m 8分50秒40(ワールドゲームズ 1994.6.29) ※当時の日本記録
5000m 15分03秒67(DNガラン 1998.8.5) ※当時の日本記録
10000m 31分22秒72(日本選手権 1997.10.5)
20km 1時間07分14秒(神戸女子ロードレース 1999.11.14)
ハーフマラソン 1時間09分41秒(京都シティハーフ 2001.3.11)
マラソン 2時間22分56秒(大阪国際女子マラソン 2000.1.30)

書籍


・『スピードトレーニングでタイムが伸びる―弘山晴美のマラソン術』(弘山勉著 / 2005年3月 / 学習研究社)


アスリート・スポーツ文化人をキーワードで探す

キーワードを入力してください。

フリーワード検索

競技・ジャンルで絞り込む

競技

仕事/ジャンル

実績/経験

依頼内容

講演/研修テーマ

出身・ゆかりの地

フリーワード

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.