株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  試合情報 >  上山容弘の試合結果

上山容弘が全日本選手権でシンクロ連覇、9度目の優勝!個人は僅差の準優勝


2019/11/6
試合結果

[第56回全日本トランポリン競技選手権大会]
◇11月2日(土)~3日(日祝) ◇名古屋市中区・ドルフィンズアリーナ

 

 名古屋市で開催されたトランポリンの全日本選手権に、昨年の大会で個人、シンクロの2冠を成し遂げた上山容弘(ベンチャーバンクHD)が出場しました。

 

 個人競技は、予選、準決勝、決勝と行なわれ、上山は予選を2位、準決勝を1位で通過。決勝では、優勝した堺亮介選手(星稜クラブ)とはわずか0.07点差の59.705点で準優勝の成績でした。惜しくも連覇は逃しましたが、予選から徐々に点数を上げる安定した演技を披露しました。

 

 シンクロナイズド競技は、今年は、海野大透選手(静岡産業大学クラブ)とのペアで出場。予選は2位通過でしたが、第2自由演技は1位の51.030点でした。そして決勝でも51.980点で予選1位の岸・堺ペアを0.430点抑え優勝、上山個人としてはシンクロ連覇を達成し、通算9度目の優勝となりました。

 

 上山は自身のツイッターで下記のように報告。「オリンピックの枠取りがかかった世界選手権に向けて良い感触で大会を終える事が出来ました!」と手応えを語っています。


 東京オリンピックのトランポリン会場となる有明体操競技場で開催される世界選手権は、今月28日開幕です。



試合結果一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.