株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  試合情報 >  髙橋礼華の試合結果

髙橋・松友ペアがツアー最高峰のSuper1000中国OPで決勝進出、準優勝!


2019/9/26
試合結果
高橋礼華 試合写真

[バドミントン:BWFワールドツアー 中国オープン(Super1000)]
◇9月17日(火)~22日(日) ◇中国/常州市

 

 年間3大会ある最高峰のSuper1000大会、中国オープンに出場した髙橋礼華・松友美佐紀ペア(日本ユニシス)は、昨年この大会で優勝していて、連覇に挑戦しました。

 

 髙橋・松友ペアは、1回戦からジャパンOPで福島由紀・廣田彩花ペア(アメリカンベイプ岐阜)を破った地元中国のペアと対戦するという厳しい組み合わせに苦しみましたが、フルゲームで退けると、準々決勝ではインドネシアのポリイ/ラハユペア、準決勝ではここのところ接戦になりながらも勝てずにいた福島・廣田ペアと2試合続けてフルゲームの大接戦を制し、見事に2年連続で決勝進出を果たしました。

 

 迎えた決勝は、地元中国のエースペア、チェン・チンチェン/ジア・イーファンペアと対戦。完全アウェーの中、髙橋・松友ペアは自分たちのペースに持ち込むことができず、ストレートで敗れ、惜しくも大会連覇の偉業は逃しました。

 

 試合後の髙橋のコメントによれば、前日までよりも会場の風が強かったようで、第2ゲームには、髙橋にはあまり見られないスマッシュミスが多く、試合後は悔しそうな表情を見せていました。それでもその後の表彰式では笑顔も見せ、インタビューでは、大会全体を「いいプレーも数多くあった」と振り返り、今週行なわれている韓国オープンに向けて体調を整えたいと前向きに話していました。

 

<試合結果>
18日/1回戦 ◯16-21,21-18,21-8 vs LI Wen Mei/ZHENG Yu(CHN)
19日/2回戦 ◯21-12,21-17 vs Ashwini PONNAPPA / REDDY N. Sikki(IND)
20日/準々決勝◯21-19,19-21,21-16 vs Greysia POLII / Apriyani RAHAYU(INA)
21日/準決勝 ◯21-17,15-21,21-16 vs 福島由紀 / 廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)
22日/決勝  ●14-21,18-21 vs CHEN Qing Chen / JIA Yi Fan(CHN)



試合結果一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.