株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  試合情報 >  岡紀彦の試合結果

国際クラス別パラ卓球選手権で岡紀彦が13連覇、通算20回目の優勝!


2018/11/21
試合結果

[パラ卓球:第10回国際クラス別パラ卓球選手権]
◇11月17日(土)、18日(日)
◇大阪市此花区・大阪市舞洲障がい者スポーツセンター(アミティ舞洲)

 

 第8回国際クラス別パラ卓球選手権に出場した岡紀彦が、クラス5(車いすの部で最も障害の軽いクラス)シングルスで見事優勝し、前身の大会から数えて13連覇、通算20回目の優勝という偉業を達成しました。

 

 土井健太郎選手(静岡)とのペアで連覇を目指したクラス1~5混合のダブルスでは、決勝戦で吉田信一選手と長島秀明選手のペアに敗れ準優勝に終わりました。

 

 岡は大会後、次のようにコメントしています。
 「準々決勝で大変厳しい試合を逆転で勝利することができ、翌日の準決勝、決勝戦では最後まで集中力が切れることなく丁寧な内容で戦え、13連覇・20回目の優勝(前身大会を含む)を達成することができました。今大会の結果により、来年も国際大会出場の許可をいただけるなら、2020東京パラリンピック出場を目標とし、競技人生の全てをかけて世界で戦ってまいりたいと思います」
 各試合のスコアは下記のとおりです。(11/28追記)

 

◇試合結果◇
・シングルス
Aブロック #1 ◯3-0 vs 佐竹三雄(大阪)
      #2 ◯3-0 vs 大崎高広(高知)
決勝T QF ◯3-2 vs 竹田勉(熊本)
   SF ◯3-0 vs 中本亨(大阪)
   決勝 ◯3-0 vs 杉内博幸(熊本)

 

・ダブルス ※パートナー:土井健太郎(静岡)
Aブロック #1 ◯3-0 vs 松尾充浩/今井義隆(大阪)
決勝T QF ◯3-0 vs 中山博之(鹿児島)/渡辺敬二(愛媛)
   SF ◯3-1 vs 竹田勉/杉内博幸(熊本)
   決勝 ●0-3 vs 吉田信一/長島秀明(東京)



試合結果一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.