株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  試合情報 >  Array試合結果

ユーバー杯で日本が37年ぶりの優勝、世界一!髙橋礼華主将がカップを掲げました!


試合結果
ユーバー杯で37年ぶりの優勝、日本女子が世界一!

[第27回世界女子バドミントン選手権大会(ユ-バ-杯)]
◇5月20日(日)~26日(土) ◇タイ/バンコク

 
 2年に一度開催されるバドミントンの国別対抗戦の最高峰、ユーバー杯(男子はトマス杯)で、日本女子チームは、第1シードの優勝候補筆頭に相応しい戦いを見せ、決勝では開催国のタイを3-0のストレートで下し、見事に37年ぶりの優勝を成し遂げました。
 
 主将を務めた髙橋礼華(日本ユニシス)は、松友美佐紀選手とのペアで、グループリーグ2試合と準々決勝、準決勝に出場し4戦4勝。表彰式の最後にユーバー杯を受け取ると、笑顔でカップを掲げました。

 優勝に向けて大きな山となったのは、準決勝の韓国戦でした。2016年の前回大会も準決勝で対戦し、日本は悔しい敗戦を喫していました。ユーバー杯12戦無敗だった髙橋・松友ペアもその試合で初めて敗れています。
 
 今大会も第1ダブルスの福島・廣田ペアが敗れてしまい、2勝1敗で髙橋・松友ペアに出番が回ってきました。韓国の若手、ペク・ハナ/イ・ユリンペアを相手に持ち前のコンビネーションを発揮した二人は、フルゲームにはなりましたが、粘り強く戦い21-11,17-21,21-14で勝利。前回大会の雪辱を果たし、2大会ぶりの決勝進出を決めました。
 
 表彰式のあと、中継したテレビ朝日のレポーターを務めた小椋久美子さんのインタビューを受けた髙橋は、「誰が出ても強いチームだなと思いました。一戦一戦、みんなで勝ち取った優勝だと思います。中国が負けてしまってタイチームが相手でしたが、地元なのでどういう試合になるかわからないと思ってました。でも、丁さん(中島コーチ)から『こんなチャンスなかなか来ないから、みんなで優勝しよう』って言葉をかけてもらって、それでみんな気が引き締まりましたし、出てる選手も出てない選手も一丸となって戦うことができました」と、笑顔で答えました。
 
 そして、改めて優勝の感想を聞かれると、「団体戦は本当にたくさんの方のサポートがあっての優勝だと思いますし、引退するまでに団体戦(ユーバー杯)での優勝を経験したいと思っていたので、みんなで優勝できて良かったですし、みんなにありがとうと言いたいです」と、噛みしめるように答えていました。
 
 下記の通り、自身のツイッターでも優勝の喜びを報告しています。
 

 
◇日本と髙橋礼華の試合結果(パートナーは松友美佐紀選手)◇
・20日/日本 ○ 5-0 vs オーストラリア
  第2ダブルス○21-3,21-4 vs Lee Yen KHOO/Ann-Louise SLEE
 
・21日/日本 ○ 5-0 vs カナダ
 
・23日/日本 ○ 5-0 vs インド
  第1ダブルス ○21-15.21-6 vs S.Ghorpade/P.Sawant
 
・24日/日本 ○ 3-1 vs 台湾
  第2ダブルス ○21-15,21-11 vs H-H.CHEN/L-F.HU
 
・25日/日本 ○ 3-1 vs 韓国
  第2ダブルス ○21-11,17-21,21-14 vs BEAK Ha Na/LEE Yu Rim
 
・26日/日本 ○ 3-0 vs タイ ※37年ぶりの優勝、世界一!



試合結果一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.