株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ニュース >  RIGHTS.からのお知らせ

自らの身体に合うスイング理論を独学で研究。義足のプロゴルファー吉田隼人がメンバーに!


お知らせ

 株式会社RIGHTS.(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:中尾裕希)は、障害者ゴルフの国内トッププレイヤー吉田隼人(所属:伊藤忠エネクス)とマネジメント契約を締結いたしましたので、お知らせします。

 

 吉田隼人(よしだ はやと)は、1983年7月27日生まれ、神奈川県川崎市出身。24歳の時にバイク事故で右足太腿から下を損傷したのがきっかけとなり大腿を切断。30歳の時(2013年)に友人からの誘いでゴルフを始め、自身の身体と向き合いながらオリジナルのスイング理論を構築。2018年には日本の障害者ゴルファーNo.1を競うオープンゴルフ選手権で3位入賞。2020年、2021年には同大会連覇を達成し、ゴルフとの出会いからわずか8年で国内トッププレーヤーに躍り出ました。

 2022年1月には日本プロゴルフ協会(PGA)が認定するティーチングプロB級の資格を取得(下肢障害者での取得は日本初)。今後はA級へのステップアップを目指すとともに、同じくPGAが認定するトーナメントプロの資格を取得し、障害者の枠を越えた領域へとチャレンジします。
 夢は障害者ゴルフの世界ランキング1位、そしてパラリンピック(現在、正式競技採用に向けて各国の競技団体が連携し活動中)で表彰台に立つことです。

 

 ◎詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。⇒ 吉田隼人プロフィール



お知らせ一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.