株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  ニュース >  アルペンスキーヤー湯浅直樹、現役引退のお知らせ

オリンピック3大会出場のアルペンスキーヤー湯淺直樹が引退会見「大変だった、けど楽しかった」


お知らせ

 トリノ、ソチ、平昌のオリンピック3大会に出場したアルペンスキーヤーの湯淺直樹が、ワールドカップなど一線級の大会から退くことを決断。1月27日(木)、東京都新宿区のアメアスポーツジャパンでの引退記者会見に臨みました。

 長年寄り添った大瀧コーチ、所属先シーハイルアカデミー岡部会長、使用用具メーカーを代表してアメアスポーツジャパン岸野シニアアドバイザーと共に会見の席についた湯淺は、引退のきっかけについて、あるレースの2本目でベストを出せたにもかかわらず、トップの選手とのタイム差が1本目よりも開いたことに、レーサーとしての限界を感じたと話しました。また、30年間続けたアルペンスキーで、世界一になることは叶わなかったけれども、自分が出来ることは全てやりきったと、納得の表情を見せました。

 

 今の心境については、「もう強くなる生活をする必要がなくなったことに虚しいような、寂しいようななんとも言えない気持ち」と語り、奥様に掛けられた言葉「大変だったね、けど楽しかったね」がアルペンスキーヤ―としての30年を表現していると話しました。

 今後については、4月までは国内のレースに出場し、その後は次世代のアルペンスキーヤーの育成や、それ以外の活動にも挑戦していきたいと話していました。



お知らせ一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.