株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  講演・イベント情報 >  星奈津美の活動レポート

星奈津美が18歳~20歳の「教育訓練生」に向けて講演。大切な仲間に出会う秘訣を伝えました


活動レポート

■神奈川県職業能力開発協会「教育訓練生講演会」
■6月20日(月)
■横浜市泉区・泉区民文化センター(テアトルフォンテ)

 

 神奈川県職業能力開発協会が毎年18~20歳の教育訓練生に向けて行なっている講演会で、星奈津美が講師を務めました。

 

 2大会連続でオリンピックでメダルを獲得していることもあり、幼いころから成績を残してきたと思われることが多い星ですが、実は全国大会ではなかなか成績を残すことができず、高校生になりインターハイが初めての全国優勝でした。18歳で北京オリンピックに出場できましたが、緊張で頭が真っ白になってしまうなど、メダルを獲得するまでに様々な困難や失敗をしていて、それをどう乗り越えてきたかについて話しました。

 

 参加者からは、競泳人生を通して何を大切にしているかを聞かれると、「謙虚であること」と答えた星。「謙虚であり続けたことで、競泳人生で多くの方々が支えてくれたし、その期待に応えることができた。また、バセドウ病やオリンピックの直前で精神的に辛かったときもトレーナーやコーチが自分のこと以上に協力してくれた。皆さんも謙虚であることで協力してくれる大切な仲間がきっと見つかります」とエールを送りました。



活動レポート一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.