株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  講演・イベント情報 >  髙橋礼華の活動レポート

髙橋礼華が自身初となる親子対象の体験会。レベルに合ったプログラムを考案し盛り上げました


活動レポート

■「スミセイ“Vitality Action”」
■10月9日(土)
■奈良県生駒市・生駒市体育協会 総合S.C.

 

 奈良県生駒市で行なわれた「スミセイ“Vitality Action”」で、髙橋礼華がバドミントン体験会の講師を務めました。このイベントは、住友生命保険が“たいせつな人とカラダ動かそう”のスローガンを掲げ、全国各地で親子を対象に様々な競技の体験会を実施しているもの。

 

 髙橋にとって親子対象の体験会は今回が初めてでしたが、年齢やバドミントンの経験値がバラバラな参加者を上手くグループ分けし、それぞれのレベルに合った体験プログラムを考案。

 

 初心者にはラケットの持ち方や振り方を教えた後は、親子でラリーが何回続くか?チャレンジや、ターゲットのカゴに何個入るか?チャレンジなど、とにかくバドミントンを楽しんでもらうことを意識したメニューを実施しました。

 経験者には基礎打ちを行った後は、親子ペアでゲームを中心に組み立て。保護者のミスに子どもが「どんまい!」と声をかけるなど、日常では中々起こり得ない親子のコミュニケーションが生まれ、会場は大いに盛り上がりました。



活動レポート一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.