株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  講演・イベント情報 >  尾川とも子の活動レポート

尾川とも子が札幌で、各レベルに合わせたボルダリング講習と生涯学習をテーマに講演


2019/10/23
活動レポート

■東海大学公開講座「SPORTS EVENT~未来のオリンピックへ~」
■10月19日(土)~20日(日)
■札幌市中央区・グラビティリサーチ札幌、さっぽろテレビ塔

 

 10月19日(土)、20日(日)の両日、東海大学公開講座「SPORTS EVENT~未来のオリンピックへ~」が札幌市内で行なわれました。このイベントは、生涯教育及び地域社会の文化向上を目的として東海大学札幌キャンパスが毎年主催しているイベントで、今年はオリンピックの開催を1年前に控える中、新種目として注目を集めるスポーツクライミングを軸にした企画となり、尾川とも子が講師として登壇いたしました。

 

 1日目はグラビティリサーチ札幌を貸切ってのボルダリング体験会。午前中は小学生以下の親子で、主に初心者向けの講習となりました。まず、初心者に対してはボルダリングの楽しさを知ってほしいという尾川の想いから、無理のないルート(課題)を推奨して達成感を味わってもらうことからスタート。目標を達成することに喜びを覚えた子どもたちは夢中になって壁へと挑み、失敗してはまた挑戦。その姿を親御さんたちは笑顔で見守っていらっしゃいました。

 午後は中学生以上の初心者と経験者が混じる会となったため、各レベルにグループ分けしての講習となりました。特に上級者に関しては尾川のデモも交えた講習となり、グラビティリサーチのインストラクターも尾川の登る技術と指導技術に関心を寄せていました。

 

 2日目は会場をさっぽろテレビ塔に移し、世代を問わず市民の方をお招きしての講演会。尾川は、ある年齢に差し掛かった時にスポーツクライミング競技者としての限界を感じ、舞台を自然界に移したときの悔しかった心境を語りました。

 さらに、「私はそこから新たな夢を見出して努力を続けた結果、世界女性初という称号を得ることが出来ました。夢は途中で変わってもいい。目の前のことをあきらめずに一生懸命やっていれば、いつかは目標に辿り着くはずだし、一生懸命だからこそ新しい道に気付くことが出来ると思う。もっと言うと、そこに年齢とかは関係ないと思います」と、生涯学習というテーマと自身の経験を重ね合わせてお話ししました。



活動レポート一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.