株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  講演・イベント情報 >  吉田えりと川端友紀の活動レポート

吉田えりと川端友紀が岩手県と近隣の女子野球選手たちを指導。吉田はトークショーも


2019/10/1
活動レポート
吉田えり、川端友紀

■「岩手女子野球フェスティバル」
■9月28日(土)、29日(日)
■岩手県遠野市・遠野運動公園野球場

 

 岩手県や近隣の女子野球チームを対象とした、「岩手女子野球フェスティバル」が開催され、吉田えり川端友紀が、同じエイジェック女子硬式野球部の小島也弥選手、船越千紘選手と参加しました。

 

 2日間のイベントの1日目は、午前中に中学生チームの交流試合を行ない、午後には、岩手県内唯一の硬式野球チームへの指導をしました。

 

 また、それと並行して、吉田えりは軟式チームの選手たちへトークショーを行ないました。なぜナックルボールを投げるようになったのか、硬式と軟式の違いやそれぞれの特徴を話し、これから硬式野球をやってみたいと思っている選手たちへアドバイスしました。


 2日目は、軟式野球チームに所属する小学生と中学生を中心に指導しました。基本的なキャッチボールや、バッティングのポイントをひとりひとり声かけしながらアドバイスし、その後はポジションごとに分かれて、吉田と船越選手はバッテリーを指導し、川端と小島選手は野手にゴロの取り方、送球の大切さを伝えました。

 今回、初めて女子チームが集まり、女子選手だけで実施。多くの子どもたちが、目をキラキラと輝かせて選手たちの話を聞いたり、積極的にアドバイスを求めたりしていました。吉田も川端もともに、子どもたちから元気をもらい、「東北でもより女子野球が盛り上がると嬉しいです」と話していました。



活動レポート一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.