株式会社ライツ
  • twitter
  • facebook
株式会社ライツ
HOME >  講演・イベント情報 >  眞鍋政義活動レポート

眞鍋政義が都内で講演。データバレー構築の裏話も披露しました。


2018/12/13
活動レポート

■「DXC DAY TOKYO 2018~デジタルの現実解」
■2018年12月7日(金)
■東京都中央区・DXCテクノロジー・ジャパン 京橋本社

 

 眞鍋政義が「DXC DAY TOKYO 2018」にて特別講演の講師を務めました。

 

 「逆転発想の勝利学~チームのスイッチを入れる~」をテーマに、日本代表の女子バレーボールチームが2012年ロンドン五輪で銅メダルを獲得するまでに、選手たちの意識をどのように変えていったかについて話しました。そして、チーム作りでは、これまでのトップダウンでの指導法ではなく、チームスタッフや選手たちにどのような役割分担をしてまとめていったかということを説明しました。

 

 また、データバレーで知られる眞鍋ですが、実は自身でデータ分析等を行なうのは苦手。データ分析班を作り、データアナリストが随時出してくれるデータを参考に、選手たちへの指示を出していたこと。最初は選手たちもデータに抵抗感を示していましたが、続けていく中で、その指導が感情だけでなく、データにより客観的に実証できることから、選手たちも徐々に納得していったという裏話を紹介しました。

 

 最後に眞鍋は、メダルを獲得するためには現状維持ではダメで「非常識を常識に変えることが大事」と伝えました。

 

 普段IT企業で勤務されている聴講者の方々も、データの話だけでなく、コミュニケーションの大切さ等について、共感されている様子でした。



活動レポート一覧へ戻る>>

このホームページに関わる著作権、その他一切の権利は株式会社RIGHTS.に帰属します。このホームページの一部または全部について、無断転載、複製を禁止します。

©

 RIGHTS. Inc. All Rights Reserved.