「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
■2017年7月4日
スポーツ功労者顕彰の表彰式で、受賞者を代表し小野塚彩那が挨拶しました。
スポーツ功労者顕彰の表彰式で、受賞者を代表し小野塚彩那が挨拶しました。
スポーツ功労者顕彰の表彰式で、受賞者を代表し小野塚彩那が挨拶しました。
  • 7月3日(月)
  • 東京都内
     

 スポーツ功労者への文部科学大臣顕彰の表彰式が3日都内で開催され、フリースタイルスキー世界選手権女子ハーフパイプで金メダルを獲得した小野塚彩那(石打丸山スキークラブ)が、受賞者を代表して謝辞を述べました。

 「スポーツ界の発展に貢献できるよう、さらなる向上を目指して精進していきます」と、決意を表わした小野塚は、大役を務めたことについて、「私でいいのかという気持ちと、来シーズンに向けて『頑張るぞ』という気持ち」と話し、平昌オリンピックについては、「最高の状態で臨めるようにして、もちろんメダルを狙いたい」と抱負を語りました。

 本人はブログでも表彰式について報告。とても緊張したことを告白しています。⇒ Ayana Onozuka Official Blog「Life on Snow」

 なお、今回の受賞者には、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)、家根谷依里(大林組)、山本篤(スズキ浜松AC)も含まれ、家根谷と山本は表彰式に出席しました。