廣道 純
廣道 純
Jun Hiromichi
―「どうせ生きるなら」を聞いて―大分県立佐賀関高校講演(04.06.09)
<生徒の感想>
  • 本日の講演を聴いて何事にもがんばれるということに感動しました。
  • 今日の廣道選手の話を聞き、最初、バイクを盗んで事故にあったと聞き、ちょっとびっくりしました。でもそのおかげでといってはなんだけど、前よりいい生活が出来ていると言っていて「なんで?」と思ったけど、話の中で、とっても前向きで頑張っている事を知り、私ももっと今から頑張らないとなぁと思いました。とてもいい話だったと思います。
  • 生まれつき足が不自由じゃなくて人生の途中から不自由になって絶対に大変だっただろうなぁと思いました。なのに、くじけないで人生を明るく生きているのは私から見てすごいと思った。
  • 人のつながりは大変だという事がわかった。努力することはすごいと分かりました。
  • なんだか共感できました。僕も家ではちょっと反抗しているので。
  • 今日はめったに聞けない話などいろいろ聞けていい勉強になりました。
  • 何事にも一生懸命努力していることが分かりました。僕も今やっている陸上でインターハイ目指して努力していきたいです。
  • 廣道選手の腕相撲の強さにびっくりしました。みんな一人も勝てる人がいなかったので「やっぱり毎日鍛えているからだろうなぁ」と思いました。すごいと思いました。
  • 事故して車いすの生活になっただけで自分の人生が変わるなんて思わなかった。今日の講演会ですごく考えが変わりました。
  • 事故にあって下半身が動かないと知らされても、前向きに生きていくことがすごいと思った。
  • 面白いおっちゃんやなぁと思った。気楽に生きていて人生が楽しくなるような気がしました。
  • 何事にもプラス思考でいこうと思いました。
  • 足が動かなくても、普通に生活を送れていたのですごかった。
  • 強く夢を持っていこうと思いました。
  • 一つ一つの事に真剣だった。車いすって難しそうだったけど、廣道さんは簡単に乗っていたからすごいなぁと思った。
  • 車いすの生活は大変だなぁと思ったけど、廣道さんの話を聞いたらそんなに大変じゃないと分かりました。
  • 車いすに乗っていても普通の人と同じように生きてるということを聞いて感動しました。だから自分も頑張って勉強をしていきたいと思った。
  • 廣道さんも昔、悪だったんだなぁと思い、妙に近く感じた。
  • 車いすに乗って感じたことは、あんな狭い中に入って大丈夫かなぁと思って乗ってみたら意外と簡単だった。でも、ハンドルが硬いから、曲がるとき難しかった。
  • 僕もボクシングの世界チャンピオンという夢があるので絶対、叶えたいと思います
  • 今日は話を聞いて不自由になっても前向きですごいなぁと思った。
  • バイク事故で助かったけど、足とかが動かなくなったって聞いたとき私だったら多分、自殺しそうになると思ったけど、廣道さんはちゃんと自分の好きなスポーツとかですごいなぁと思った。
  • 車いすがあんなに大変なんだと思った。
  • 今日話を聞いて、足が不自由になっても前向きですごいなぁと思いました。
  • 人との出会いで自分が変われるんだと気づかせてくれた。
  • 純さんの話を今日聞いて、僕に似ているなぁと思いました。自分がバイクで足を失ったら純さんみたいに生きていけるかなぁと思いました。
  • 車いすになっても前向きに考えていけるなんてすごいなぁと思いました。これからも応援していきたいと思います。
  • 思ったことは生きていれば楽しいことがあるといっていたのが心に残りました。でも、そのためには努力しないといけないので自分も頑張ろうと思う。
  • とてもいいことを言ってくれたと思う。私もこれからは何事にも一生懸命になろうと思った。
  • 高1のとき、自分の不注意で事故を起こして下半身が動かなくなって普通の人なら生きる希望を失うのに、現実を素直に受け入れて車いすマラソンに一生懸命取り組んでいる姿、とてもすばらしいと思いました
  • 車いすに乗るということは大変だと思った。だけど、車いすに乗っては悪いわけではないと思う。今度会ったらサインして下さい。
  • 今日の講演を聴いて、廣道さんが今までどのくらい努力をしてマラソンでいい記録を残せるようになったのが良く分かりました。
  • 車いすのこと、とっても分かりやすかったです。人生の途中で不自由になった足をマイナスに考えずにいい人生の生き方をしていることは、すごく私の心に響きました。
  • 車いすのことを今日は特に分かりました。大分でたまに車いすマラソンがあることは知っていましたが、みんな練習を重ねていることがとてもよく分かりました。今日はとてもよい話が聞けてよかったです。
  • 廣道さんの後援を聞いて思ったことはやっぱり地球は回っているんだなぁということでした。そんなに大きい怪我をしても明日は来るから、同じ人生なら楽しく生きた方が絶対に後悔しないですむし夢をかなえることもできるんだなぁと思いました。
  • 私は今日の講演を聴いて、今、毎日いやなことがあったり悲しいことがあっても「今を生きている」ってことが幸せなんだと思いました。私も願い続ければ叶うことを信じて願ってみます。
  • 人間は土壇場に立つすごい力を見せる事が出来るんだと思った。もし、自分の足が動かなくなったらショックで立ち直れないと思う。けれどそれを吉と出来た純さんはすごいと感じました。
  • 話を聞いて、人間は誰にでも「障害者」になりうるんだなぁと思いました。
  • 足が不自由で大変そうに思った。腕相撲やりたかった。
  • 目的を持つことが大事だと学んだ。
  • 本当に大変だなぁと思った。すごい努力しないとあんなプロにはなれないんだ。まだ、私達は未熟なんだなぁと思った。これから悩んだときも前向きに考えて頑張りたいと思いました。
  • バイクの事故で足が動かなくなったと聞いても、前向きに頑張れたのがすごいと思った。大会に出るのに目標を立てて、達成できたらまた次の目標を作っているのがすごいと思った。くじけず前向きにやっていきたいと思った。
  • 苦労したんだなぁと思いました。
  • 事故って、足がずっと動かないと言われたら自分だったらショックで立ち直れないと思う。なのに、廣道さんは前向きに生きていることが、とてもすごい事だと思った。
  • すごくよくて、ずっと真面目に聞いた。車いすの人は可愛そうじゃなくてすごいと思った。
  • 廣道選手の話はとても自分のためになった。これからは今日の話を参考にしたい。
  • 足が不自由で生きがいをなくしていたんだとうか、それは分かりません。でも、車いすレースをしている廣道選手は、生きがいを新しく見つけた感じがします。すごく講演のとき楽しそうだったからです。
  • やっぱりすごいなぁと思いました。
  • 廣道選手はすごく頑張っているなぁと思った。あと、命の大切さが分かった。
  • とてもためになった講演会でした。
  • 今日の講演は大変勉強になりました。なぜなら、自分の人生は人の言いなりにならずに生きるというのが大変勉強になりました。自分は廣道選手みたいな生き方をしてみたいと思いました。
  • 車いすの生活ってあんまりショックを受けなくてすごいと思った。ぴんぴんして生きているからすばらしい。
  • すごくいい感じの人だなぁと思った。
  • とてもためになるよい話でした。諦めない事が大変なんだぁと思いました。
  • もし、私が下半身が動けなくなったら、廣道さんみたいに強く生きれるかは分からないが、もし、下半身が動けなくなっても自分なりに希望を持って強い人間になれたらいいなぁと思う。
  • 廣道選手みたいに積極的(ポジティブ)なりたいと思った。あと、自分は廣道選手に「腕相撲」の挑戦をしなかったが、あの太い筋肉を見ているうちに「自分の腕を太くしたい」と思った。とにかく、積極的(ポジティブ)最高!!
  • 今日の講演会はとても有意義で、愉快なものだったと思います。講師の廣道先生は体格もよく、さすがにプロだなぁーと一目見て思いましたが、さらにお話もとてもお上手でさすがに大阪出身だと思いました。廣道先生は元気の魂という感じでとても障害者などということにつけいる余地など無い方だと思いました。「努力さえすれば何だって出来る!」という一言は本人の経験に基づいて、勇気を与えてくれる一言でした。
  • 僕は廣道さんはすごいと思った。レーサーの大会とかほとんどが1位とかだったからすごいと思った。これからも頑張ってください。
  • 私なんかより人生を充実していると思いました。また、すごい人と思えました。
  • かわいそうなイメージがあったけど、実際に話を聞いてみると違った。腕相撲が強かったので、びっくりした。パラリンピックも応援したいと思った。
  • 自分が思っていた人とまったく違ったので驚きました。明るくプラスの考えの人でも私も見習わないといけないと思いました。かっこいいと思った。
  • 私もこれからがんばっていかないとなぁと思いました。
  • アスリートになるための道はすごく大変だということが分かった。人の大切さがとてもよく分かった。
  • 事故で下半身が動かなくなったのに、それにめげずに車いすレースをしようかと思うなんてすごいと思う。
  • 腕相撲がめちゃ強い人だと思いました。今日の講演を聴いて次の大分車いすマラソンは廣道さんを応援します。
  • 事故にあって普通ならショックを受けるのに、逆に嬉しかったって言っていて、すごいと思いました。あと、腕相撲も強くてびっくりしました。
  • やはり人間一度は死ぬ目にあっておかないと自分のことをあまり考えないらしい。もう少し話をしていたかったが、時間がなかった。
  • すごく前向きで明るくて楽しい方だなぁと思いました。あと、後悔とかしたくないし、がんばる時はがんばらなきゃいけないなぁと思いました。
  • 廣道選手の話を聞けてよかった。やる気と努力が大切だという事が今一度分かった。
  • 今日の話は、とてもよかったと思います。車いすでの生活が不便などと言わずにそれどころか楽しいと言えるのがすごいと思った。腕相撲ものすごく強かった。話を聞けてよかった。
  • 今日の講演を聴いて「どうせパラリンピックに出るのなら1位になりたい」とか「どうせ生きるのなら楽しく生きて生きたい」など、今まで私にとって「どうせ」という言葉は負け言葉みたいな感じがしていたけど、こんな使い方もあるんだと思った。「どうせ生きているんだから楽しく生きたい」と思った。
  • 夢を持っておけば、叶わない夢も無いんだなぁと思いました。
  • 腕、痛いです。
  • 今日の講演で1番すごいなぁと思ったのは、足が治らないと告げられたとき、僕だったら絶対に立ち直れないと思うのに、講師の人はぜんぜんそんなふうには思わなかったという事です。これからも頑張ってください。
  • 僕も夢を持って頑張りたいと思います。
  • 車いすでの生活は結構大変だと思いました。でも、車いすマラソンというものに打ち込めるものがあれば何も、車いすだろうがなんだろうが気にならないと思いました。
  • 熱く、今を生きている人だと思った。
  • 高校3年で、もう自分の進路を決定しなくてはいけないと不安なときに廣道選手の講演を聴いてとてもよかったです。努力をすれば何だって出来るんだと勇気をもらいました。講演に来てくれてありがとうございました。
  • 今まで、車いすの人を見ると大変だぁって思ったりしてきたけど,今日話を聞いて車いすでも頑張ろうって気になれるんだぁと思った。すごいことだと思う。とても尊敬しました。
  • 人にはそれぞれの生き方があるというのをよく実感しました。
  • 講演を聴いてすごく前向きで何でもプラスに思考に考えててすごいと思いました。私も小さい事でクヨクヨしないで自分にとってイイ生き方ができればなぁと思いました。
  • 今日の講演は普通の講演と違ってとても面白く人生っていうのはまだまだ先が長いと再確認できました。
  • 夢は、思えば思うほどかなうという言葉がすごく力強く聞こえました。講演を聞いて、みんな同じような感じを受けました。
  • 歩けなくなった人をみて、今まではかわいそうとか思っていたけど、楽しい事もあるし、歩けなくなって分かった事とかあって、可愛そうとか全然思わなくなった!!今までとは違う人生もいいかなぁと思った!
  • よく手の力だけで長い道のりをこぐことができるなぁと感心しました。とってもいい話が聞けてよかったです。
  • 私は、今年就職進学と進路のことなどで悩んでいたけど、今日、廣道選手の話を聞いてすごく励まされたし、自分の人生だから一生懸命がんばって楽しく暮らして生きたいと思いました。
  • 足が悪くても、いろいろできるんだなぁと思いました。しかも、腕の筋肉、すごかった。

ご参加いただき、有難うございました。