廣道 純
廣道 純
Jun Hiromichi
―「人権教育講演会」を聞いて―大阪府・岸和田高校講演(04.11.24)
<1年生の感想>
  • 廣道さんのお話を聞かせて頂いて、今、自分が目標(夢)にしている事は何か、その為に何をすればいいのかを改めて考えさせられました。廣道さんは、車いすレーサーの世界に入って活躍しているのは、偶然で運が良かったと言っていましたが、本当はそうではないと思います。運が良かったんじゃなくて、廣道さんは自分自身で幸運を手に入れたのです。運は手に入ってもすぐに逃げてしまいますが、幸運は掴み取ったら一生自分のものです。
    車いす生活になられてから、廣道さんは幸運をつかむ準備をしていたんだと思います。まず、プラス思考で物事を考える。それをすぐ、行動にうつす。積極的に物事をすすめる。諦めない。目的を常に持つ…、など、どれも幸運をつかむ大切な準備です。そして、今の廣道さんは充実した生活を送っているんだと思います。幸運をつかむのは、そんな健常者とか障害者とかは全然関係ないんですよね。ようは自分次第。自分が出来ると思えば何でも出来る。諦めない限り、可能性はゼロではないのだから…。そう、思って私も生活していきたいです。
    そして、その生活の中でも気をつけたいことが一つ。少し広い視野で物事を見ること。お話でもあったように、点字ブロックの上の自転車放置や、駐車場のこと。そんなことに気づけて人に注意できる大人になりたいです。視野を広げるのは、なにもバリアフリーの面だけではなくて、他の色々な面でも同様です。最後になりましたが、今回、講演をして頂いてありがとうございました。機会があれば、廣道さんがレースをしている姿も見たいです。私は陸上部に所属しています。
  • 私がこの講演を聴いて一番ビックリしたのは、歩ける生活より車いす生活の方が良いとおっしゃったことです。私は生まれて一度も車いすや松葉杖を経験したことがないので、やはりどうしても歩けるに越したことはないと思ってしまいます。だから、講演を聴いているときも、最初は「不自由な生活を楽しもうと努力しているんだろうなぁ」と思っていました。
    でも、廣道さんの話を聴いていると、全然そんな様子はなくて、本当に好きで車いすに乗っている感じがして、「本当にそんな人もいるんだ!」とびっくりしました。廣道さんの言ったとおり、私も車いすの人は可哀相なんだという偏見を持っていたんだと思います。バリアフリーが流行のようになって、自分も偏見などは持っていないと思い込んでいたけれど、講演を聴いているときに、自分の考えも実は偏見だったとことに気がついてハッとしました。障害者の人に対する特別な感情や、偏見などはなくそうとしてなくなるものではないと思います。いくら綺麗ごとを並べても、結局は自分自身が何かを体験したり、話を聞いたりそういうきっかけの中で知らず知らずのうちになくなっていくんだと思います。
    だから、今回の講演を聴いたからといって、すぐに自分の考えを変化させたりすることは出来なかったけれど、少なくとも自分が偏見を持っていたことや、車いすマラソンのことを知って前より少し身近になった気がします。短い時間の中でしたが、いろいろな興味深いお話を聞かせてくれてありがとうございました。
  • まず、僕が思ったことは命の大切さを分かっていて凄いなぁ、と感じたことでした。廣道さん自身、大きな事故や病気で、死を身近に感じたことのある人は分かるかもしれないと言っていました。
    実は、僕も中学生の時に交通事故にあっています。僕は自転車、相手は車で、自転車の車輪は曲がるし、車のフロントガラスは粉々になるほどの、結構大きな事故でした。しかし、奇跡的にも僕は左足の膝を打撲、肩の周りにも多数の傷があり、もっともひどかった肩は、傷口2センチほどで骨が少し見えていたそうです。もしかしたら死んでいたかもしれなかったのです。その直後は、命の大切さを実感していたのですが、日に日に薄れていってしまいます。
    だから、廣道さんはすごいと思います。そして、もうひとつ努力すれば結果が出るということも、共感できます。今までは、僕は陸上部で長居公園でも走りました。そして、あの場所は駅伝を走っていた思い出もあります。練習をしたからこそ、あの場所で走る事ができました。これからも努力をしていきたいと思います。いい話をしてくださってありがとうございました。
  • 自分には足があります。手もあり、耳は聞こえるし、口もきけます。ごくごく普通に何の不自由なく生活することが出来る体で、親に産んでもらいました。一生もんの怪我をする事故すらしたことはありません。
    けれども、今まで自分自身で「僕はマジで死ぬほど頑張った」と言えるほど、頑張ったことはありません。それでもなんとなくひょうひょうと生きてきて、それなりに満足できる生活を送ってきましたがこの間、頑張ろうともせず、クラブを辞めて逃げました。自分の中では、多分、今までで一番の挫折でした。その後、だらけて、だらけて、だらけまくっていました。
    けど、昨日の廣道さんの話を聞いて、もう一度というか、初めて自分自身で努力したと笑っていえるものを何か探してみたいと思えました。最後に、廣道さんが足がなくなってからよりも、今が、充実しているといった言葉は凄く自分の中に残っています。自分は、日本中を周って講演できるようにはなれないだろうけど、せめておっさんになったとき、父親として自分の息子には笑われながら「僕はこれだけは誰にも負けないくらい頑張ったぞ」って言えるようになりたい。
  • 講演を聴いて、私はすごく感動したことがあります。事故にあってしまい、足が動かなくなったのにとても明るく前向きに生きていることです。多分今までの私なら、話を聞いていて普通に感動してそこで終わりだっただろうけど、違いました。
    あまり言ってはいけないと親に言われましたが、講演会を聴いて廣道さんに見てもらいたいと思ったので書きます。この講演会の数日前に、私の兄がバイクで事故に遭いました。意識不明で命も危険でした。もし助かっても、後遺症で左半分が動かないか、目が見えなくなるかもしれないといわれました。今は、意識も戻り始めましたが、まだまだ安心できません。でも、私は助かると信じています。
    だから、これから兄もリハビリなど、大変になると思います。その時に、兄に私が廣道さんから聞いた話をしようと思います。一度無くしかけた命を明るく前向きに、一生懸命生きて欲しいので話そうと思います。私も悲しくなったりすると思いますが、廣道さんを思い出して頑張っていこうと思います。
    ですから、是非、廣道さんも頑張って欲しいと思います。兄が良くなって退院したら、一度、廣道さんのレースを一緒に観に行ってみたいと思います。
  • 今日の講演を聴いてまず、驚いたのは、物事に対する取り組み方とそのひたむきさだった。事故で足を失っても、世界の頂点の大会で入賞するなんて、並大抵のことじゃないと思う。きっと想像を絶する位のトレーニングをしていると思う。
    また、最後の質問で、「車いすのほうがいい」といった発言にはとても驚かされた。まさか足を失ったことより、もっと大きなものが得られるなんて考えもしなかったからだ。もし、自分が同じ立場に立ったとしたら、絶対にそんなことはいえないと思ったから、きっぱりと「車いすの方がいい」と言い切れるのが少し羨ましかった。今日の講演で改めて確認できたことは、健常者、障害者なんて言葉はほとんど必要ないということ。足を失っても、もっと大きなものが得られるのなら、障害者という言葉は全く必要ない。月並みだけど、凄く人生のためになった貴重な時間でした。
  • 「あっ」と思いました。何度も何度もあの一時間でそう思いました。それだけ本当に気付かされたことが多かったです。一度死に掛けた。だから、たっぷり精一杯頑張って第二の人生を送る、そういった想いが出てくることがまず私に出来るだろうかと思いました。
    確かに死んでいたらゼロかもしれない。けれど、そう思うことがやはり、超マイナス思考の私には難しいという気がしました。そのときになってみないと分かりませんが…。そんな私ですが、話を聞かせていただいてからそう思えるかもしれない、と勝手に思っています。
    廣道さんはもともと運動神経がよくてなおかつ、自転車レースもやったり、いろいろとやっていたから、リハビリが早く進んだということにも、きっと神様がそうしたんだなと感じられました。でなきゃ医者から車いすレースの紹介もなかった、そう考えると廣道さんのレース人生は生まれたときから今まで運命の糸でつながれているように感じました。廣道さんの言う“偶然”は、本当に不思議なほど上手く繋がっていき、本当にどれか一つでも歯車がずれていたら今はないと思うとぞっとします。けれど、その反面、そのときの自分が悪い状況におかれても、すべて次に繋がる運命なのだろうと思うと、私は毎日が運命なのだと思いました。
    実は私もよく思うのですが、たくさんの星の中で地球があって、世界があって長い歴史の中の今の時代に、小さな日本の、そのまた大阪の岸和田で…。私が今までで出会っている人は、こんなにたくさんの偶然の中で出会ったのだと、運命としか言いようがないです。けれど、私の場合、運命をたまに無駄にしている気がしました。廣道さんは運命を有効に使っているのに…。だから、私ももっともっとたくさんの運命をしっかり使っていきたい。使っていこうと思います。
    そして廣道さんのように、何か思ったときにすぐに行動する人になりたいです。思い切ってぶつかったところが、壁だとしたら、次はその壁を助走をつけて飛び越えるようなそんな人になりたいです。そして、クヨクヨせずに、“次”に向かって努力をする、なんて前向きなんだろうと思いました。後ろばかり向いてしまう私に、前に向かって突進する事の大切さが、ぐっと胸にしみこみました。行動より頭で考えてしまうことが本当に多いのですが、これからはとにかく行動しようと思っています。
    私には夢があります。小学校のときからの夢なので、これからも変わることはありません。ただそれが叶うことは、難しいことかもしれないけど、私は廣道さんの話をふまえて高い高い目標をもちたい。そして、最上級を目指す。そして今までに無かったそれになってみせる、そう思います。そうなります。だから一生をかけて、最上級の夢を実現します。そしてそのことが、私にとって最高の幸せになるでしょう。そのことで人生の喜びを感じたいです。
    今、こうしてこの感想を書いているだけでも、ものすごいパワーがみなぎって、いつの間にかマイナス思考もなくなってきた気がします。私はもうすぐプラス思考になっていきます。きっとなると思います。プラスエネルギーを撒き散らして、廣道さんのように人生が充実したものになるよう、その夢に向って前に突進します。好きなことだから、いくらでも出来る気がしてきました。廣道さんの話を聞いて、私は随分考え方が変わりました。というより目標も見つかりました。私はこれから毎日の偶然を見逃さずに、一つ一つに意味がある事を十分理解して、よいことも悪いことも、「これは“次”へのステップだ」と夢に向かってどんどんすすんでいきたいです。いつか必ず自分を認めてあげられるように、精一杯頑張ることで、楽しく生きたいです。そうすれば、廣道さんの言うとおり嫌なことがあっても、その楽しさで全部消していけると思います。粘り強くたくましく、精一杯夢に向かって生きて行きたいです。
    本当にたくさんのことを教えていただいてありがとうございました。長々と書いたわりに言いたいことが全くまとまっていませんが、それほど、たくさんの事を感じました。本当にありがとうございました。
  • 僕は吹奏楽部に入っているのですが、最近自分の技術が本当に上手くなっているのか分かりません。周りの人たちは次々にうまくなっていくのに、自分だけが残された感じで焦っています。そういうときに廣道さんの講演を聴き、自分の考え方が甘かったのに気がつきました。まず、高い目標を持たずに取り合えず、みんなに合わせておけばいいという、何の向上心もないことばかり考えていました。
    次に毎日毎日、自分のもっている最高の力を使って努力していなかったことです。だから一日練習をして部活が終わったときも、何かやり残した感じがして部活をやったという気持ちになる日が本当に少なかったです。これからは一日一日、目標を作り、それが出来るように最大限努力していこうと思います。
    それと、それを継続するのも大事だとおっしゃられていましたよね。難しいことだと思いますが、自分の弱い心に負けずに頑張っていきます。今回の講演は本当に自分にとってためになり、甘い考え方を変えさせてくれた講演だったと思います。本当にありがとうございました。廣道さんも次の大会での金メダル目指して頑張ってください。期待しています。
  • いい企画でした。
  • 講演の運びが上手で、興味をそそられ大変よかった。
  • 最初はむずかしいお話かしらと思っておりましたが、内容はわかりやすく、身近なお話でした。アテネオリンピックを見るにあたって、陸上競技が楽しくなってきました。
  • ゲストの方からお話を伺って、選手の方はスポーツだけでなく人間関係のむずかしさが大変だと思いました。
  • スポーツは男女平等で競い合う場と思いましたが、一歩入って付随する各場面で女性が軽く置かれている事に驚きました。私共の仕事の場では女性の力量が十分発揮出来ることが多くやりがいが有りますが、やはり上へ行くと男性のものになる事があります。今女性のパワーはすごいものがありますが、結婚、出産、育児、家事がまだ女性にかかっています。男性の意識の改良を望みます。ナビゲーターの国枝先生の的確な進行よかったです。アテネへの道たのしみにしています。
  • オリンピック実体験のトークで、知り得ないこと沢山知ることができよかった。この世界も封建的、ジェンダー問題が潜んでいることが沢山あることも。
  • 今までオリンピックを見ておりますが、今日の選手として出場なさったお二人の方のお話をうかがい、これから始まるオリンピックの見方が変わりました。本当に良いお話をお聞かせいただきました。
  • ますますオリンピックに楽しみが増します。協議役員の男女の差が非常にありますね、男女平等参画条例制定記念企画としては理にかなっている講座でした。
  • オリンピックは大変興味があり、テレビで必ず見ていますが、選手の細かい身近なお話を伺いまして大変よかったです。オリンピックの歴史とかがわかりよかったです。
  • 昔は女性がオリンピックに参加するのは大変だったという事が良くわかりました。今回のオリンピックをテレビで見た場合、今までとちがった見方をしたいと思っております。
  • スポーツの世界でも男女平等という視点から見てみると、とてもおくれた意識があるのは残念ですが、一定の改善があるものの女性の方からも勇気をもって改めていく努力が求められると思います。スポーツ界の女性のガンバリに期待します。

<意見・要望>

  • 結果的か意図的かトークショー的な展開になり、話はおもしろかった。しかし、年代的には古い方もいて、今現在のスポーツ界の女性事情について話が聞けなかったのは残念である。過去の経緯を踏まえる事は大切だが、これからのスポーツ界における女性の役割をどう考えるかを話して欲しかった。
  • ナビゲーター、ゲスト皆様大変の話しが上手で、このような会であればどんな講座でも楽しいので、よろしく。
  • ナビゲーターの運営というか、話の運びが良かったので、次回もこのようなものがあったらよい。

<今後実施してほしい講座>

  • ジェンダーとスポーツに関してもっと企画を続けてください。
  • 財団らしい企画を

※すべて原文のまま記載