やねたにえり
家根谷 依里
Yanetani Eri
ワールドカップ転戦記 in 韓国 (05.03.08)
昨日、ワールドカップ韓国大会を終えました。

韓国のスキー場はとても寒く、雪質もヨーロッパのように硬いので驚きました。
大会のコースはとても急斜面で、今までワールドカップに出場してきた中で1、2を争うぐらい急なバーンでした。
急斜面は以前から苦手だったのですが、前日の練習でコーチが、まるで男子のようだと言うぐらい滑ることができていました。

しかし、スピードが出過ぎてしまい、完走できないという状況でした。
そしてレース当日は、残念ながら予選1本目で転倒してしまいましたが、レース後に急斜面で何度も何度もトレーニングしました。

そのため、急斜面のレースでは絶対に大丈夫と言い切れるほどの自信がついたので、今回のようなレースでも自分にとってはプラスとなりました。
私は今、練習をはじめ1戦1戦、大会の1本1本、1ターン1ターンのすべてが経験となっています。
加えて、まだ学ぶことがたくさんあります。この経験が近い将来、結果となって表れると私は思います。

ワールドカップ札幌・真駒内大会を終えて (05.03.01)
今回の札幌のワールドカップは思うような成績は出せませんでしたが、とても自分にとってプラスになった大会となりました。 技術面より、メンタルの部分で大きく成長することができたと思います。

海外のワールドカップではいつも緊張することなくスタートをしていたのですが、日本での開催ということや、毎年この札幌でのワールドカップでは悔しい思いをしていること、肩の心配など、いろいろな思いがあったせいか、18日のスタート前はとても緊張していました。

スタートしてからは平常心で滑ることができましたが、転んでしまいとても悔しい結果となってしまいました。レース前、レース中の平常心の大切さを改めて感じました。

自分の滑りができれば世界で戦っていけると、この前のドイツのワールドカップで感じたばかりだったので、とても悔しくて落ち込みましたが、気持ちを切り替えて次の日に備えました。
すぐに気持ちを切り替えられたおかげで、19日のスタート前は海外のワールドカップと同じように平常心でスタートすることができました。

2日目のレースはタイムが接近していて、私は17位で16位の選手とコンマ差で決勝トーナメントに進めなかったのでまた悔しい思いをしましたが、何ヶ所かミスをしたものの、自分の滑りができたのでよかったと思います。

レースで自分の滑りをするには、メンタルの部分が一番大事だと今回のワールドカップで学んだのでこれからの課題にしたいと思います。
ワールドカップはあと残り4戦ですが、今まで学んだことを活かし自分の出せる力を思う存分発揮してきたいと思います!

次は25日の韓国です。応援よろしくおねがいします。

ワールドカップ転戦記 (05.02.13)
2004年10月のオランダのワールドカップで12位になって以来、思うように成績が出せていませんでした。トレーニングではとても調子が良いのですが、いつもレースで自分の思う滑りができていませんでした。

でも、1月末に出発した4回目の遠征でオーストリアで最初にFISレースがあって、その後スロベニアのワールドカップがあったのですが、すこしずつ自分の滑りがレースでもできるようになっていきました。

スロベニアのワールドカップでは1ヶ所失敗はしたものの、他は自分でも納得のいく滑りができました。そして予選の2本目にギリギリでしたが進むことができました。

今シーズンはオリンピックの正式種目であるPGSで予選の2本目すら滑ることができていなかったので、順位は結局21位だったのですがミスをしたにもかかわらず、2本目を滑ることができたのは自信にもつながりました。

その後ドイツに移動し、2月6日にPSLのワールドカップが行われました。そこでも自分が思い描くとおりの滑りができたおかけで、自己最高の7位に入ることができました。レースで自分の滑りを出すことができれば、世界で戦うことができる、と確信しました。

2月9日に、来シーズンオリンピックが行われるイタリアのバルドネッキアでワールドカップがありました。予選の1本目、バーンはとてもきれいで硬く、最高といっていいぐらいのコンディションでスタートすることができ、滑りも自分の滑りができました。片方のコースで5位のタイムを出す事ができました。残念ながら2本目で失敗してしまい順位は18位でした。でもかなり良い手ごたえをつかんだので来年もこのバーンで滑るぞ!と誓ってきました。

今月18日、19日に札幌、真駒内でワールドカップが行われます。この真駒内のワールドカップでは毎年悔しいおもいをしているので今年こそは納得できる滑りを最後までしたいと思います。

家根谷 依里がんばります!

これからも応援よろしくお願いいたします。