ライツネットワークメンバーの与田剛プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
与田 剛
Tsuyoshi Yoda
球界一の剛速球で華々しくデビューするも以後は故障との戦い、リハビリ、テスト入団を経て1620日ぶりに感動の復活を遂げた。
与田剛
略歴
1965年12月4日福岡県生まれ。千葉県出身。木更津中央高校−亜細亜大学−NTT東京を経て、1990年、ドラフト1位で中日に入団。150キロを超える剛速球を武器に鮮烈デビュー。この年、157キロの日本最速記録(現在歴代2位)をマークし、最優秀新人賞と最優秀救援投手賞に輝く。1996年6月、千葉ロッテのトレードで移籍し、直後に大リーグ2Aメンフィスチックスに野球留学する。1997年オフ、千葉ロッテを自由契約になり、日本ハムにテスト入団。再起をかけ右肘を手術。リハビリの末、1999年10月、1620日ぶりに一軍のマウンドに立ち、感動を呼んだ。が、その直後、日本ハムを自由契約に。2000年、野村監督の下、阪神にテスト入団。34歳の挑戦は“リストラの星”と呼ばれ、共感を得た。
2000年秋、引退。2001年からNHK解説者としてメジャーリーグ放送を中心に活躍。昨年はメジャーリーグ「オールスターゲーム」「ワールドシリーズ」イチロー最多安打記録の試合など、数々の名場面の解説をした。
2009年3月のWBCにて、原ジャパンのピッチングコーチに就任。同4月より、NHK『サンデースポーツ』メインキャスターに就任した。2013ワールド・ベースボール・クラシックでも日本代表の投手コーチを務める。
2016年、楽天一軍投手コーチ就任。
182センチ、89キロ。妻はキャスターの木場弘子、一男の父。
与田剛
主な活動実績
・2013ワールド・ベースボール・クラシック日本代表投手コーチ
・NHK『サンデースポーツ』メインキャスター(2009年4月〜)
・NHK解説者
・東京中日新聞評論家
・女子野球日本代表「エネルゲン」ピッチングコーチ
現在の活動
2002年 SHARP洗濯機「えりピカそでピカ」テレビCF出演
著書
『与田剛のメジャーリーグ剛球解説』(NTT出版/2008年)
『トッププロに学ぶ野球上達テクニックピッチング』(成美堂出版/2007年)
『消えた剛速球 〜157キロで駆け抜けた野球人生〜』(KKベストセラーズ)
著書
「私の野球人生 −自分を信じ逆境を乗り越える−」
「メジャーリーグをもっと楽しむためには」
著書
NHKやプロ野球OB会主催の野球教室を通して、全国各地を回って、少年育成に努める。
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]