ライツネットワークメンバーの渡辺啓太プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
渡辺 啓太
Keita Watanabe
バレーボールアナリスト
生年月日 1983年9月30日 出 身 地 東京都世田谷区
出 身 校 専修大学−筑波大学大学院
現   職 公益財団法人日本バレーボール協会
女子強化委員会主事/情報戦略班事業ディレクター
公益財団法人日本オリンピック委員会
強化スタッフ/ナショナルコーチアカデミー講師
渡辺啓太
全日本女子バレーの頭脳役、バレーボールアナリストのパイオニア的存在
専修大学ネットワーク情報学部在学中に、柳本晶一監督率いるバレーボール全日本女子チームのアナリストに抜擢。世界で初めてiPadを用いた情報分析システムを考案・導入し、眞鍋政義監督率のもと、2012年ロンドンオリンピックでは、28年ぶりの銅メダル獲得に貢献。情報戦略マネジメントのエキスパートとして活躍している。
項目略歴
浅野中学・高校時代よりバレーボール部に所属。「ITをスポーツに活用すること」を志し、専修大学に入学。体育会バレーボール部に入部し、独学でアナリスト活動を開始。
在学期間中にV・プレミアリーグでアナリストを務める傍ら、国内外から招聘されたアナリストの育成・指導に携わる。大学3年時に柳本晶一監督(当時)の目にとまり、全日本女子ナショナルチームのアナリストに抜擢。以後、世界中を舞台に、数多くのトップレベルの国際試合を見続けている。
2006年、大学卒業後、日本バレーボール界初のナショナルチーム専属アナリストとして、公益財団法人日本バレーボール協会に所属。2008年には、全日本女子チームアナリスト(日本選手団最年少役員)として北京オリンピックを経験する。
2010年1月よりイタリア・セリエA1のNOVARAにデータバレー留学。その後、世界で初めてiPadを用いた情報分析システムを考案・導入し、眞鍋政義監督のもとで世界選手権での32年ぶり銅メダル獲得、ロンドンオリンピックでの28年ぶりの銅メダル獲得に貢献。また、全日本チームのサポートを続ける傍ら、筑波大学人間総合科学研究科にてスポーツマネジメントを専攻。アナリスト育成のセミナーを開催する等、後進育成にも力を入れており、日本のバレーボール界の情報戦略の中核を担う存在として地位を確立させた。
項目著書
『データを武器にする』(ダイヤモンド社)
『なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか』(東邦出版)
『伸びる人のデータの読み方、強い組織のデータの使い方』(日本文芸社)
項目メディア
テレビ/『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』(日本テレビ)、『みらいのつくりかた』(テレビ東京)、『ボクらの選択』(フジテレビ) 、『荻上チキ・Session-22』(TBSラジオ)他出演多数。Vリーグや春高バレー等バレーボール中継の解説も務める。
新聞・雑誌/日本経済新聞【駆ける魂】や産経新聞【話の肖像画】、Think!(東洋経済)、Number(文藝春秋)、MacFan、月刊バレーボール等