ライツネットワークメンバーの渡辺伴子プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
渡辺 伴子
Tomoko Watanabe
ソフトボール・左腕のピッチャーとしてアトランタ五輪で活躍。
現在はキャスター、解説者として、スポーツ報道にたずさわる。
渡辺伴子
講演参加者の声 >>  1 2 3
略歴
1971年4月14日生まれ。愛知県出身。牛島投手にあこがれ小学校の時にソフトボールをはじめる。10歳の時にウインドミル投法を父親から教わり小学・中学・高校を投手として選手生活を送る。それぞれの最終学年では主将もつとめる。90年愛知淑徳高校卒業後、日本電装株式会社入社。93年全日本入り。96年アトランタオリンピックでは、日本の左腕投手として、対中国戦を3−0で完封。98年引退。現在は、キャスターや解説者として活躍中。
渡辺伴子
主な競技歴
1989年 パンパシフィックス国際大会優勝
四冠を達成(MVP、最優秀投手、ホームラン王、打点王)
1994年年 サウスパシフィック・クラシック大会準優勝
1994年 第12回アジア大会準優勝
1995年 アトランタ五輪アジア・オセアニア地区最終予選大会優勝
1996年 アトランタオリンピック4位
現在の活動
・《ソフトボールマガジン誌》「渡辺伴子の変化球トーク」連載中
・KATCH(ケーブルテレビ)ソフトボール試合解説
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]