ライツネットワークメンバーの宇津木妙子プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
宇津木 妙子
Taeko Utsugi
元女子ソフトボール日本代表監督
ビックカメラ女子ソフトボール高崎 シニアアドバイザー/東京国際大学女子ソフトボール部 総監督
1953年埼玉県生まれ。川島中学校1年時からソフトボールを始める。星野女子高等学校を経てリーグ1部のユニチカ垂井に所属し、1974年世界選手権出場。
1985年に現役引退後、ジュニア日本代表コーチを経て日立高崎の監督に就任。当時3部だったチームを1部で優勝するまでのチームに育て上げた。
1997年に日本代表監督に就任、2000年シドニー五輪銀メダル。2004年アテネ五輪銅メダル。2004年9月、日本代表監督を退任。その功績が讃えられ、日本人初、指導者としてISF(国際ソフトボール連盟)の殿堂入りを果たした。
2011年にNPO法人ソフトボール・ドリームを設立。現在は後進の育成や競技の普及に尽力している。
宇津木妙子
略歴略歴

1966年  川島中学校にてソフトボールを始める
1969年  星野女子高等学校(現・星野高等学校)入学
1972年  ユニチカ垂井(岐阜県)入社 (14年間プレーし国内優勝も多数)
1974年  世界選手権出場
      現役引退後、ジュニア日本代表コーチ就任
1986年  日立高崎(現:ルネサス高崎)へ監督として招かれる
      2002年までの16年間、全日本総合4回・日本リーグ1部4回他 優勝多数
1990年  全日本監督として、世界選手権・アジア大会(銀メダル)
1996年  アトランタオリンピック/コーチ(4位)
1997年  全日本代表監督就任
1998年  世界選手権(3位)・アジア大会(準優勝)
2000年  シドニーオリンピック(銀メダル)
2002年  世界選手権・アジア大会(銀メダル)
2003年  ルネサス高崎総監督に就任
2004年  アテネオリンピック(銅メダル)
      後、全日本監督を辞任
2005年  ISF(国際ソフトボール連盟)殿堂入り
2008年  解説者として北京オリンピックでともに戦う(金メダル)
2009年  ルネサステクノロジ(現ルネサスエレクトロニクス)高崎事業所シニアアドバイザー就任
2010年  東京国際大学女子ソフトボール部総監督に就任
2011年  NPO法人ソフトボール・ドリーム設立
2014年  世界野球ソフトボール連盟理事に就任
2015年  ビックカメラ女子ソフトボール高崎シニアアドバイザーに就任

講演テーマ講演テーマ
・「夢の実現 〜努力は裏切らない〜」
・「チームビルディング 〜“人財”を育て、自分が育つ〜」
・「夢と人生 〜何事にも真正面から向き合うこころ〜」
著書著書
・『宇津木妙子ソフトボール入門―レベルアップのための基本技術と勝つための戦術』
                             (大泉書店、2001年)
・『女は女が強くする』(共著、草思社、2001年)
・『チームワーク 心を一つにして』(学陽書房、2001年)
・『努力は裏切らない』(幻冬舎、2001年)
・『金メダルへの挑戦! シドニーからアテネ、そして北京へ』(学陽書房、2004年)
・『いちばんわかりやすいソフトボール入門』(大泉書店、2006年)
・『宇津木魂 女子ソフトはなぜ金メダルが獲れたのか』(文藝春秋、2008年)
・『ソフトボール眼』(講談社、2009年)