ライツネットワークメンバーの上原 絵里プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
上原 絵里
Eri Uehara
ナガセケンコー所属
聴覚障害を抱えながら健常者と同じ舞台で戦い、ソフトテニス四大国際大会の1つに数えられる「アジアソフトテニス選手権」女子ダブルスで優勝を果たした世界のトッププレーヤーの1人
上原 絵里
略歴
幼少時代から聴覚障害を抱えながら、健常者と同じ舞台で戦い、ジュニア時代から大きく注目されていた逸材。上尾高校に進学後は、期待通りインターハイやハイスクールジャパンカップで優勝するなど華々しい結果を残し、実業団を所有するナガセケンコーへ入社。
2007年からはインカレ団体4連覇を果たした平田清乃とペアを組み、関東オープン、東日本選手権などで優勝。ナショナルチーム入りも果たし、世界の第一戦で戦うトッププレイヤーの仲間入りをした。
2008年10月には、ソフトテニス「四大国際大会」の1つに数えられ、世界のソフトテニスをリードするアジア地域の王者を決める「アジアソフトテニス選手権大会(韓国)」女子ダブルスで金メダルを獲得。
ソフトテニス界の発展に貢献する活動も積極的に行なっている。
主な競技歴
2004年 松江インターハイ 優勝、ハイスクールジャパンカップ 優勝
2006年 ドーハアジア大会 団体 銀メダル
2007年 東日本選手権 優勝、世界選手権大会 団体 銀メダル
2008年 第6回アジアソフトテニス選手権大会女子ダブルス 優勝
第63回国民体育大会ソフトテニス競技東京都代表 成年女子優勝
東京インドア 優勝
『日本スポーツ賞』(読売新聞社制定) 受賞
2009年 全日本シングルス選手権 準優勝
  ※2008〜2009ナショナルチーム
関連リンク
ナガセケンコー株式会社