ライツネットワークメンバーのTOMONORIプロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
TOMONORI(佐藤友則)
OGUNI−GYM所属
敢えて困難を求め、世界を舞台に戦い続けるキックボクシング四冠王者
ブルース・リーやジャッキー・チェンなどのカンフー映画と、父親の影響で格闘技の道を志す。デビュー前から単身タイに渡って住み込み修行をするなど、常に世界に目を向ける。その積極的なファイトスタイルはキックファン以外からも注目を浴びる。2005年度は4戦4勝(3KO)とタイでの試合が評価され殊勲賞と格闘技通信賞を受賞。
TOMONORI
略歴
1977年12月31日 北海道札幌市生まれ。162cm、55kg。キックボクシング29戦20勝(10KO)8敗1分、アマチュアボクシング6戦4勝2敗4KO。幼少の頃、ブルース・リーやジャッキー・チェンに憧れて武道を志す。小学生の頃から空手を始め、中学3年までに参加した大会で15回以上の優勝を果たす。高校入学後にボクシング、柔道を経験。この頃に総合格闘技のプロを目指す為に高校を中退して上京。キックボクシングの世界に飛び込むと、1997年に単独でタイに飛び、現地のジムに住み込みで修行した後、タイのラジャダムナンスタジアムでデビュー。1998年には日本でプロテストに合格し、1999年からOGUNIジムに所属する。2004年3月13日にUKF世界バンタム級王者、2004年10月17日WMCインターコンチネンタルスーパーフライ級王者、2006年4月9日NJKFフライ級王者となり、同年11月22日「MACH GO! GO!'06〜フライ級最強トーナメント」に優勝し、四冠王者となる。
キックボクシングの全戦績
TOMONORI
1997年 9月28日 負け タイ人
1998年 2月28日 勝ち 柏木吾一
1999年 3月22日 不戦勝 高嶺幸良
1999年 9月15日 勝ち 高橋伸浩 判定
2000年 2月15日 負け タイ人
2000年 5月25日 負け エッグユット・F・ラゥムピブ−ル
2000年 9月26日 勝ち 押川童子丸 不戦勝
2000年 11月20日 負け クマントーン・パヤックタイ(タイ)
2001年 2月25日 勝ち シントーン.P.ファッカムロン(タイ) 2RKO
2001年 5月25日 勝ち 押川童子丸 1RTKO
2001年 6月24日 負け 川津真一 4RKO
2001年 9月30日 勝ち ジャイゲオホーファッカムロン(タイ) 1RKO
2001年 11月2日 勝ち HIDE 判定
2002年 2月15日 勝ち モロッコ人 判定
2002年 5月12日 負け 川津真一 2RKO
2002年 9月08日 勝ち 高嶺幸良 3RKO
2002年 9月22日 勝ち タイ人 1RKO
2003年 1月19日 負け ポーラードノイ トー センティアンノイ(タイ) 4RKO
2003年 4月6日 分け モハメド
2003年 9月29日 勝ち タイ人 KO
2003年 11月9日 負け 高橋拓也 1RKO
2004年 3月13日 勝ち エリザベス・ルイス(アメリカ) 3RKO(UKFバンタム級王座獲得)
2004年 10月17日 勝ち ダミアン・トレイノー(イギリス) 判定
(WMCインターコンチネンタルスーパーフライ級王座獲得)
2005年 3月12日 勝ち 今井教行 2RKO
2005年 5月25日 勝ち ダイヤモンド・ジム(豪州/WKBFバンタム級豪州王者) 1RKO
2005年 10月9日 勝ち クリス・ホワイト(比/ISKA豪州王者/WKAインターナショナル王者) 判定
2005年 12月4日 勝ち ジャンモー・ルークノンディー(タイ) 5RKO
2006年 4月9日 勝ち 高橋拓也 判定(NJKFフライ級王座獲得)
2006年 7月25日 勝ち 三好純 判定
2006年 9月1日 勝ち 飛燕野嶋 判定(MACH GO! GO!'06〜フライ級最強トーナメント1回戦〜)
2006年 10月1日 勝ち 松尾宗 判定(MACH GO! GO!'06〜フライ級最強トーナメント準決勝〜)
2006年 11月22日 勝ち 魂叶獅 判定(MACH GO! GO!'06〜フライ級最強トーナメント決勝〜)
関連リンク
キックボクシング4冠王者TEAM TOMONORIブログ
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]