ライツネットワークメンバーの苫篠賢治プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
笘篠賢治
Kengi Tomashino
100メートル11.1秒の俊足。相手のクセを盗む技術や小技。そして、内外野どこでも守れる守備カンの良さ。機動力野球にはなくてはならないオールラウンドプレーヤーとして、ヤクルト・広島で活躍。
笘篠賢治
略歴
1966年10月11日生。大阪府出身。兄・誠治(現東京ヤクルトスワローズコーチ)のあとを追って入学した大阪・上宮高校では、2年の春、センバツ出場。また、中央大学時代には主将を務め、日米大学野球優勝。ソウル五輪にも古田、野茂らとともに出場し、銀メダル獲得。89年ヤクルト入団後も、1年目からスタメンに名をつらね、32盗塁をマークし、新人王を受賞。その後も5つの守備位置をこなすユーティリティプレーヤーとして活躍。しかし94年、右肩・ひじの手術で、2年間、ほとんど一軍出場機会を得ず、98年、広島に移籍する。99年引退、そのまま広島一軍守備走塁コーチに。2002年、広島東洋カープ退団。
笘篠賢治
主な競技歴
1983年 1983年 春・センバツ出場(上宮高校2年)
1985年 中央大学入学
1989年 日米野球 優勝
ソウル五輪 銀メダル(当時、野球は公開競技)
・ヤクルトスワローズ入団(ドラフト3位)4/12
・一軍デビュー 正田の1試合6盗塁のあおりを受けて盗塁王を逃すものの、新人王受賞
1992年 日本シリーズ出場 タレントの松本典子さんと結婚
1993年 日本シリーズ出場 日本一に
1994年 右肩・ひじの手術
1998-99年 広島東洋カープ移籍 (2年間在籍)
1999年 オフに現役引退し,そのまま広島・一軍守備走塁コーチに
2002年 オフにチームの守乱の責任をとりコーチ辞任
現在の活動
講演
子供の頃から、最大のライバル&相談相手は、兄・誠治だった。
ソウルオリンピックで、日の丸を背負って野球をした経験。
入団1年目で、いきなり32盗塁・新人王の大活躍。
「野村監督」という存在。
怪我との戦い・・・など。

野球教室
キャッチボール、
守備・打撃の基本、
走塁チェック等の実技指導。

テレビ出演
2003年よりCSフジ・文化放送にて、野球解説
フジテレビ 『プロ野球ニュース』
TBSテレビ 『筋肉番付』

関連リンク
デビュー1年目からのいきなりの大活躍に、人気絶頂の松本典子さんとの結婚。二人のお子さんにも恵まれ、順風満帆だったところへ、突然の怪我。人には言えない大変なご苦労があった事と思います。しかし、そんな苦労も、これからは評論家として、また、少年野球の指導などにきっと生かされていくことでしょう。優しい笑顔の下に隠されたその強さを、ぜひ、受け取ってください。
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]