ライツネットワークメンバーの高代 延博プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
高代 延博
Nobuhiro Takashiro
 
プロ野球5球団と日本代表で20年以上のコーチ歴。2009WBC日本代表内野守備走塁コーチとして2連覇に貢献。2013年もコーチを務めた
高代 延博
撮影/ホンゴユウジ  
経歴
1954年5月27日、奈良県吉野郡下市町生まれ。智辯学園高校から法政大学へ進学。東京六大学リーグでは3年の時から出場。3年秋に首位打者になる。
社会人野球の東芝を経て、1979年ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。1年目から遊撃手のレギュラーに定着し、ゴールデングラブ賞を受賞。2年目の1980年にはベストナインにも選ばれ、翌1981年のリーグ優勝にも貢献。
1988年オフに戦力外通告を受けると、1989年、大学の先輩である山本浩二新監督に請われ、広島東洋カープに移籍し、その年限りで現役引退。引退後は、広島、中日、日本ハム、ロッテ、中日でコーチを歴任。
2009・2013ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の内野守備走塁コーチとして、試合では3塁ベースコーチを務め、日本代表はWBC2連覇達成!!
2016年シーズンより阪神タイガース一軍ヘッドコーチ。
選手経歴
1970〜1973年 智辯学園高等学校
1973〜1977年 法政大学
1977〜1978年 東芝
1979〜1988年 日本ハムファイターズ
1989年 広島東洋カープ
コーチ歴
1990〜1998年 広島東洋カープ 二軍・一軍守備走塁コーチ
1999〜2001年 中日ドラゴンズ 一軍守備走塁コーチ
2002年 日本ハムファイターズ 一軍ヘッド兼守備走塁コーチ
2003年 千葉ロッテマリーンズ 一軍ヘッド兼守備走塁コーチ
2004〜2008年 中日ドラゴンズ 一軍野手総合チーフコーチ
2009年 2009ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 内野守備・走塁コーチ
2013年 2013ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 内野守備・走塁コーチ
2016年 阪神タイガース一軍ヘッドコーチ
エピソード
・三塁ベースコーチャーとしての打球への判断がよく、セ・リーグのペナントを制した2006年は本塁での憤死をリーグ最小の1にとどめた。
・WBC日本代表の試合前の練習でノックを打つ姿を見たアメリカの関係者からノックが上手いと絶賛された。