ライツネットワークメンバーの白石宏プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
白石
Hiroshi Shiraishi
 
多くのアスリートに奇跡と栄光をもたらした「神の手」を持つ国際スポーツトレーナー
白石 宏
略歴
1956年5月20日山口県生まれの広島市育ち。S,T,I 白石鍼灸治療院代表。
日本体育大学在学中からアメリカUCLAほかでトレーナー修行、日本体育大学陸上部内にスチューデント・トレーナー制度を創設する。卒業後は鍼灸師資格を取得し、アメリカのトレーナー科学と鍼灸・マッサージを融合した独自の技術で定評を得る。米NFLスーパー・ボウルに臨むシカゴ・ベアーズの治療にあたり、優勝に貢献したことは現地でも「伝説」になっている。これまでに、有森裕子、カールルイス、清原和博など多様なジャンルでのアスリートの治療を行い、競技生活のサポートをし続けている。また、西洋医学と東洋医学の融合を現場で推進する統合医療に取り組み、「セラピューティック・トレーナー」として、新たな道を拓いている。アーキュパンチャーオブザイヤーUSA'85(1985年度アメリカNo.1針灸師)受賞。
講演テーマ
「トップ選手及び患者から学んだ事」
  エピソード:カールルイスとの出会いで“思えば叶う”自分の治療を通じて希望を与えられるということ。
「一流選手から学んだことと、これからの選手に求められること」
<講演例>
・i-medicalオープンキャンパス「スペシャリスト講演会」(2006年9月)
・三原市体育協会 スポーツ講演会(2007年2月)
主な経歴
1976年 カリフォルニア州スポーツ・クリニックでトレーナー研修
1978年 日本体育大学陸上競技部トレーナー第一号となり、同大学に学生トレーナー制度を創設。
1981年 太平洋5カ国沿岸陸上ニュージーランド大会、オフィシャル・トレーナー
1984年 ロサンゼルス五輪、全日本オフィシャル・トレーナー(陸上)
1985年 シカゴ・ベアーズの依頼により選手を治療、スーパー・ボウル優勝に貢献。
1988年 1988年 ソウル五輪、水泳・柔道オフィシャル・トレーナー。鈴木大地(水泳)・斉藤仁(柔道)の金メダルに貢献。
1990年 ロックグループ・XJAPAN(6年間)のトレーナーを務める。
1992年 バルセロナ五輪、水泳・柔道オフィシャル・トレーナー,広島にて白石鍼灸治療院を開設
  伊達公子(テニス)のパーソナル・トレーナー(2年間)
1993年 リコンディショニング・キャンプ開始,白石鍼灸治療院東京治療室を開設
1996年 山崎一彦(男子400m障害)他のパーソナルトレーナー
  アトランタ五輪で、有森裕子をサポート
1997年 ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランスにてチーム・ポルティ(イタリアチーム)トレーナー
2000年 シドニー五輪、伊東浩司・朝原宣治・山崎一彦 他のパーソナルトレーナー
2001年 劇団四季 広島公演サポート
2002年 北島康介(水泳) 世界新記録達成(アジア大会)に貢献
2004年 2000本安打達成の清原和博(現:オリックス)の治療を担当(2003年〜)
2006年 連続フルイニング出場世界記録更新中の金本知憲(阪神)の治療を担当(1994年〜)
  鈴木絵美子(シンクロナイズドスイミング)の治療を担当
2009年 競泳男子百メートル背泳ぎで日本人初の52秒台(世界歴代3位)で優勝した古賀淳也の治療を担当
主な著書
・「招待状のない夢トレーナー白石ひろしの冒険」<著者:林信也>(双葉社)
・「0.16ミリの奇跡」<著者:松田尚正・小林信也>(講談社)
主な著書
白石鍼灸治療院
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]