ライツネットワークメンバーの篠宮 龍三プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
篠宮 龍三
Ryuzo Shinomiya
 
“ジャパニーズジャック・マイヨール”日本が世界に誇るプロフリーダイバー
人類初の素潜り100m越えを達成した「ジャック・マイヨール」氏に触発され、フリーダイビングの世界へ。会社員という安定した職業を捨て、自らプロフリーダイバーの道へ進む。
国内唯一のプロ選手として国際大会を中心に参戦している。競技活動の傍ら、沖縄でスクールや大会も運営。アスリートとしては世界選手権でメダル獲得を、そしてメッセンジャーとしては「One Ocean〜海はひとつ」というメッセージを軸に海洋保護とシーマンシップ、スポーツマンシップを訴えるプロジェクト活動も推進している。
篠宮 龍三
経歴
1976年11月11日、埼玉県出身。大学卒業後、東京で会社員をしながらフリーダイビングの競技を続けてきた。
実力が上がるにつれて様々な悩みや葛藤が生まれ、会社に残るべきか、会社を辞めて世界の頂点を目指すべきか悩み抜いた結果、一度しかない人生、おもいっきり夢にチャレンジすることを決断する。
現在はヨーロッパを中心に数々の国際大会を転戦。
2008年にバハマ バーティカルブルーにてアジア人初の水深100m越えを達成し、史上7人目となる100mダイバーとなる。2009年、同じくバハマ バーティカルブルーにて憧れのジャック・マイヨールの最高記録105mに自力による潜水で到達。同年の世界選手権期間中には107mのアジア記録を達成、ジャック・マイヨール越えを果たした。
2010年4月、バハマで開催されたバーティカルブルーにてアジア人未到の115mの大記録を樹立。6月には、アジア初・日本初の世界選手権を大会オーガナイザーとして開催した。
タイトル・表彰
2006年 COUPE DES CALANQUES 2006France 総合優勝
  AIDA HELLAS SUMMER GAMES 2006 ダイナミックウィズフィン種目 優勝
  第5回世界選手権団体戦 2006 エジプト 総合4位
2007年 第3回世界選手権個人戦 2007 スロベニア スタティック種目 決勝5位
  Dahab Tripe Depth 2007 Egypt 総合優勝
2008年 EGYPT Prechallenge 2008 スタティック種目 優勝
2010年 AIDAフリーダイビング世界選手権(沖縄) 団体戦銀メダル
篠宮龍三
主な記録
2007年 アジア記録 フリーイマージョン種目 水深81m
2008年 アジア記録 コンスタント種目 水深101m 世界ランク2位
  ※アジア人初の素潜り水深100m越えを達成
2009年 アジア記録 コンスタント種目 水深105m
アジア記録 コンスタント種目 水深107m
  ※アジア人初のジャック・マイヨール越えを達成
2010年 アジア記録 コンスタント種目 水深115m
アジア記録 フリーイマージョン種目 水深104m
現在の活動
・国際大会を中心に世界を転戦
・沖縄にてフリーダイビングスクールを開催
・「One Ocean〜海はひとつ」を自身のメッセージに掲げ、様々なイベントをプロデュース
主な講演内容
新しいことや、大きな「夢」にチャレンジすることの経験や、海や自然と共に生活する経験をもとに、
主に下記のテーマでお話します。

★がんばり方、動機の持ち方とは
⇒スランプに陥った時、ポジティブになるにはどうしたらいいのか? さらに上に行くにはどうしたらいいのか?
それは自分のためにがんばるのではなく、支えてくれる周りの人を喜ばせるためにがんばる、そんなパブリックなモティベーションがベストな結果を生む。

★人生のターニングポイント
⇒人は成功、失敗ではなく、チャレンジできるものを見つけられたこと、全力でぶつかっていくこと、そして何かに夢中になれる瞬間を感じた時が最も充実した人生を歩めるのではないだろうか。

★海はひとつ〜海洋環境とシーマンシップ
⇒海において助けあいの精神がもっとも大切。そこには人種も、国境もない。相手を助けることは自分を助けることにつながる。海は人と人、そして人と自然をつないでくれる大切な存在。だからこそかけがいのないひとつの海を大切にしたい。
著書
初めての著書『BLUE ZONE』 『BLUE ZONE』(2010年/発行:オープンエンド)
関連リンク
篠宮龍三オフィシャルブログ「One Ocean 〜海はひとつ!」