ライツネットワークメンバーの澤野 大地プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
澤野 大地
Daichi Sawano
富士通所属
アジア人初の6m00ヴォルターを目指す
棒高跳びの日本記録保持者で、オリンピックファイナリスト。2004年アテネオリンピックでは、日本人として20年ぶりに決勝進出。2005年ヘルシンキ世界陸上で、同大会の跳躍種目では日本人初となる8位入賞と、順調に実績を重ね、2006年には、世界のトップ選手しか出場の許されない「ワールドアスレティックファイナル」への出場を果たした。
しかし、期待された2007年大阪世界陸上では、自分らしい跳躍ができずに予選敗退。2008年北京五輪も予選16位で終わったものの、怪我などのアクシデントを乗り越えての結果だったため、「北京では心が成長した」と語り、2009年ベルリン世界陸上、2011年テグ世界陸上と2大会連続で決勝進出、世界のトップ選手として存在感を示した。
2012年、ロンドンオリンピックの参加標準記録A(5m72)をクリアしていながら、まさかの代表落選。一大会置いて出場した2016年リオデジャネイロオリンピックで見事決勝に進み、7位入賞を果たした。
今後は、2017年の世界陸上での活躍やアジア人初の6m00超えが期待される。
澤野 大地
主な競技歴
  • <国際大会>
  • 2003年
  • パリ世界選手権
  • 予選12位で決勝進出
  • 2004年
  • アテネオリンピック
  • 13位(決勝進出)
  • 2005年
  • ヘルシンキ世界選手権
  • 8位
  • 2006年
  • プラハ国際
  • 優勝
  • IAAFワールドアスレティックファイナル
  • 6位
  • IAAFワールドカップアテネ大会
  • 2位
  • セイコースーパー陸上2006ヨコハマ
  • 優勝
  • アジア競技大会
  • 優勝
  • ※2006年IAAFワールドランキング 7位
  • 2007年
  • 大阪世界選手権出場
  • 2008年
  • 北京オリンピック
  • 16位
  • 2009年
  • ベルリン世界選手権
  • 10位
  • 2011年
  • セイコーゴールデングランプリ
  • 優勝
  • 2011年
  • アジア選手権
  • 優勝
  • テグ世界選手権
  • 14位
  • 2016年
  • リオデジャネイロオリンピック
  • 7位入賞
澤野 大地
  • <国内大会>
  • 日本選手権優勝 1999、2000、2003、2004、2006、
               2007、2008、2009、2011、2014、2016年
  • 国体成年男子棒高跳び優勝 2004〜2009年
  • インターハイ優勝 1997年、1998年
  • <記録>
  • 日本記録
  • 5m83(2005年 静岡国際グランプリ陸上)
  • 室内日本記録
  • 5m70(2004年 リノ)
  • ジュニア日本記録
  • 5m50(1999年)
 
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]