ライツネットワークメンバーの佐藤ルミナプロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
佐藤 ルミナ
Rumina Sato
株式会社 サステイン所属
アグレッシブなファイトスタイルとスタイリッシュな容姿を兼ね備える修斗のカリスマ
高校卒業後に木口道場に入門し、1994年にアマチュア修斗選手権ウェルター級で準優勝すると、同年11月にプロデビュー。日本人として初めて黒帯ブラジリアン柔術家から足関節で一本を奪うなど、躍動感溢れる積極果敢なファイトスタイルで破竹の一本勝ちの山を築き、修斗のカリスマと呼ばれるようになる。ライト級に転向して環太平洋チャンピオン決定戦で見事勝利する。また、「おしゃれな格闘家」の元祖であり、多数のファッション誌にモデルとして登場し、格闘界のファン層拡大に多大な貢献をした。現在は修斗ジムrootsを開き、現役を続ける傍ら後進の指導にも当たる。
佐藤ルミナ
略歴
1973年12月29日 神奈川県小田原市生まれ。167cm、70kg。35戦22勝(3KO・16S)12敗1分 初代環太平洋ライト級王者。
高校卒業後、修斗を学ぶために木口道場に入門。朝日昇に師事する。1994年、全日本アマチュア修斗選手権 ウェルター級 準優勝。同年11月 マイケル・マコラフ戦でプロデビュー。2005年3月11日にトーナメントを勝ち抜き、修斗環太平洋ライト級王座獲得。
主な戦績
1994. 11.07
(2R2分18秒、膝固め)マイケル・マコラフ
1995. 06.04
(1R2分23秒、TKO)矢野勝義
1995. 07.29
(1R2分14秒、腕ひしぎ十字固め)ロン・バリッキー
1996. 01.20
(1R3分00秒、腕ひしぎ十字固め)鈴木マサト
1996. 03.05
(1R4分04秒、スリーパーホールド)九平
1997. 01.18
(3R1分24秒、ヒールホールド)ヒカルド・リッキー・ボテーリョ
1997. 04.06
(1R2分21秒、ヒールホールド)アリ・ミホウビ
1997. 08.27
(1R0分59秒、腕ひしぎ十字固め)アラン・フリード
1997. 10.12
(1R2分01秒、ストレートアームバー)モーリス・コーリー
1998. 03. 01
×
(1R3分53秒、腕ひしぎ十字固め)ジョエル・ギャルソン
1998. 04.26
(1R0分31秒、腕ひしぎ十字固め)マイケル・ビュール
1999. 01.15
(1R0分06秒、腕ひしぎ十字固め)チャールズ・テイラー
1999. 05.29
×
(3R4分02秒、スリーパーホールド)宇野 薫
1999. 10.29
(1R0分54秒、アンクルホールド)フィル・ジョンズ
2000. 04.15
(1R0分18秒、スリーパーホールド)イーブス・エドワーズ
2001. 08.26
(3R判定 3−0)マーシオ・クロマド
2001. 12.16
×
(3R判定 0−3)五味隆典
2002. 11.15
(3R判定 1−0 )タクミ
2003. 06.27
(1R2分12秒、ヒールホールド)ライアン・アッカーマン
2004. 05.03
(2R2分20秒、三角絞め)エリカス・ペトライティス
2004. 12.14
(2R1分21秒、KO)戸井田カツヤ
2005. 03.11
(3R判定 3−0)石川 真
2005. 08.20
×
(1R1分29秒、TKO)ギルバート・メレンデス
2006. 02.17
×
(2R0分49秒、TKO)アントニオ・カルバーリョ
2007. 03.16
(1R1分21秒、TKO)アウグスト・フロタ
2007. 09.22
×
(1R4分09秒、スリーパーホールド)門脇英基
2008. 05.03
×
(3R2分37秒、スリーパーホールド)田村彰敏
2008. 11.29
×
(1R3分32秒、TKO)日沖 発
現在の活動
2005年10月、小田原に「修斗ジム roots」OPEN
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]