>
ライツネットワークメンバーの大野雄次プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
大野雄次
Yuji Oono
1961年2月2日千葉県生まれ。
96年・代打逆転満塁本塁打2本。勝負強いパワーヒッター。
大一番で期待に応える右の代打の切り札として活躍。
戦力外通告を乗り越えて、野村再生工場にてひと花咲かせたいぶし銀
大野雄次
略歴
社会人時代には、通算59本塁打を放ったスラッガー。86年、ドラフト4位で横浜大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)に入団。右投右打の内野手。ここ一番に勝負強く、主に左キラーの代打として活躍した。
94年に2年間在籍した巨人から戦力外を通告されるが、ヤクルトのテストに合格し入団。当時監督を務めていた野村克也氏の“野村再生工場”の一員として、チームのリーグ優勝、日本一に貢献した。
野球ファンの記憶に残る大野の勝負強いバッティングは、代打ならではの劇的な一打による。95年、対オリックスの日本シリーズ第1戦では、3-2とヤクルト1点リードで迎えた8回に代打として登場し、2ランを放ち試合を決める(日本シリーズ初打席初本塁打は史上4人目)。96年には4月16日の阪神戦と8月10日の広島戦の2試合で、代打逆転満塁ホームランを打つ。シーズン2本の代打逆転満塁本塁打は当時の日本記録でもあった。
98年に現役を引退後は、マスターズリーグでもプレー。現在は小料理屋を経営する傍ら、スポーツ教室にて実技指導も行なう。04年には大野氏の長男も高校球児として、神奈川県予選に出場した。
主な競技歴
1986年 ドラフト4位で横浜大洋ホエールズに入団
1992年 読売巨人軍へトレード移籍
1994年 ヤクルトスワローズにテストを経て入団
1995年

日本シリーズ 対オリックス第1戦にて史上4人目の初打席初本塁打
1996年 シーズン2本の代打逆転満塁本塁打(当時日本記録)
1998年 オフ現役引退
◎通算記録
 475試合 776打数 190安打 27本塁打 116打点 打率.245
現在の活動
JR田町駅前にうなぎと牛たん料理「大乃」を経営する傍ら、東京スポーツレクリエーション専門学校非常勤講師各スポーツ教室や講演会を通じて、青少年の育成に尽力している
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]