ライツネットワークメンバーの大前千代子プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
大前 千代子
Chiyoko Ohmae
オランダパラリンピックは、アーチェリーで金メダル。車いすテニスではアトランタから北京まで、4大会連続パラリンピック出場。
大前千代子
略歴
1956年1月2日生れ。広島県出身。生後一歳半でポリオ(両下肢弛緩性麻痺)にかかる。80年オランダアーヘンでのパラリンピックに初出場。2男の出産・育児をへて、テニスに転向。現在も、国内外の大会で活躍中。
大前千代子
主な競技歴
1980年 オランダ・アーヘンパラリンピック アーチェリー金メダル
スラローム銅メダル
1996年 アトランタパラリンピック 車いすテニス出場
1998年 NEC Wheelchair Tennis Masters出場
2000年 シドニーパラリンピック 車いすテニス ダブルス4位
2001年 NEC Wheelchair Tennis Masters出場
Canadian Open優勝
2002年 NEC Wheelchair Tennis Masters出場
Canadian Open優勝
Wheelchair Classis8's at the Australian Open出場
2003年 NEC Wheelchair Tennis Masters出場
Canadian Open優勝
Wheelchair Classis8's at the Australian Open出場
2004年 Wheelchair Classis8's at the Australian Open出場
アテネパラリンピック 車いすテニス ダブルス4位
2008年 北京パラリンピック 車いすテニス 出場
現在の活動
・日本車いすテニス協会会長
・大阪車いすテニス協会会長
・国際車いすテニストーナメント「OSAKA OPEN」実行委員長

【講演タイトル】
・「スポーツと私〜いつでも“私”でいるために」、「パラリンピックと私」、
 「宝さがしは終わらない」
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]