ライツネットワークメンバーの大南 敬美プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
大南 敬美
Takami Ominami
ユティック所属
2大会連続で世界選手権女子マラソン日本代表となる日本屈指のマラソンのスペシャリスト
昭和50年11月15日生まれ(1975年)、福井県出身:福井・美方高校→東海銀行(UFJ銀行)→トヨタ車体→福井陸協→ユティック
双子の姉博美と共に日本を代表する長距離・マラソンランナー。 
2002年ロッテルダムマラソン優勝、2003年名古屋国際女子マラソン優勝など2度の世界主要マラソンレースを制す。2大会連続で世界選手権女子マラソン日本代表となるなど、マラソンのスペシャリスト。2003年世界選手権でのマラソンレース中に先頭を走るも、30km地点で後方より接触され転倒。以後その影響で長期にわたる故障に悩むが、2006年名古屋ハーフマラソンで復活優勝。
2007年の名古屋でも2kmで後方より接触され、転倒しながらも諦めず、終盤まで優勝争いを演じての第3位。復活をアピールした。
大南敬美
主な競技歴
  • 1996年
  • 全日本実業団対抗女子駅伝        第6区 区間賞
  • 1997年
  • 福岡国際クロスカントリ−大会       優勝
  • 1997年
  • 世界クロスカントリー選手権大会     日本代表
  • 1997年
  • 国際千葉駅伝(日本代表)         第4区 区間賞 区間新記録
  • 1997年
  • 全日本実業団対抗女子駅伝        第6区 区間賞
  • 1998年
  • 全日本実業団対抗女子駅伝        優勝(東海銀行チーム/個人:第5区・第3位)
  • 2000年
  • 全日本実業団対抗女子駅伝        優勝(東海銀行チーム)
  • 2000年
  • 名古屋国際女子マラソン          第3位
  • 2001年
  • 名古屋国際女子マラソン          第2位
  • 2001年
  • 世界選手権女子マラソン(エドモントン)  37位
  • 2002年
  • ロッテルダムマラソン             優勝 (2時間23分43秒 当時日本歴代6位)
  • 2003年
  • 名古屋国際女子マラソン          優勝 (2時間25分03秒)
  • 2003年
  • 世界選手権女子マラソン(パリ)      27位(二大会連続日本代表)
  • 2006年
  • 名古屋ハーフマラソン            優勝
  • 2007年
  • 名古屋国際女子マラソン          第3位
  • 2008年
  • ホクレンディスタンスチャレンジ       第3位(10000m)
ベスト記録
  • 5000m:
  • 15分38秒58(1999年静岡国際陸上 第6位)
  • 10000m:
  • 32分17秒19(1998兵庫リレーカーニバル 第6位)
  • ハーフマラソン:
  • 1時間10分21秒(2000年宮崎女子ロードレース 第2位)
  • マラソン:
  • 2時間23分43秒(2002年4月21日 ロッテルダムマラソン 優勝)
    (当時)日本歴代6位、(現在)日本歴代12位
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]