ライツネットワークメンバーの大南 博美プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
大南 博美
Hiromi Ominami
ユティック所属
5000mからフルマラソンまでオールラウンドにこなす、日本を代表する長距離ランナー
昭和50年11月15日生まれ(1975年)、福井県出身:福井・美方高校→東海銀行(UFJ銀行)→トヨタ車体→福井陸協→ユティック
双子の妹・敬美と共に日本を代表する長距離・マラソンランナー。2002年アジア大会の女子マラソンで銅メダル。2004年ベルリンマラソンでは2時間23分26の日本歴代9位の記録をマークし第2位。トラック競技においては2000年の全日本実業団対抗上10000mで優勝。2005年の日本選手権では5000mで第2位、10000m第3位に入り、ヘルシンキ世界選手権(10000m)の日本代表。続く2006年の日本選手権でも10000mで第2位に入り、ドーハ・アジア大会日本代表で銅メダルを獲得。2007年にはロッテルダムマラソンに優勝し、世界メジャーレースでの一勝目を挙げた。
大南博美
主な競技歴
  • 1998年
  • 全国都道府県対抗女子駅伝     区間賞(第9区/10km)
  • 1998年
  • 全日本実業団対抗女子駅伝     優勝(東海銀行/第1区・第3位)
  • 1998年
  • 横浜国際女子駅伝(日本チーム)  区間賞(第2区)
  • 1999年
  • 宮崎女子ロード(ハーフマラソン)  優勝
  • 1999年
  • 全日本実業団対抗女子駅伝     準優勝(東海銀行)
  • 2000年
  • 全日本実業団対抗陸上競技選手権 10000m 優勝
  • 2002年
  • 名古屋国際女子マラソン        第2位
  • 2002年
  • 釜山アジア大会(マラソン)       第3位(銅メダル)
  • 2003年
  • ロッテルダムマラソン           第2位
  • 2004年
  • 大阪国際女子マラソン          第3位
  • 2004年
  • 日本陸上競技選手権大会       5000m 第4位
  • 2004年
  • 札幌国際ハーフマラソン       優勝(当時日本歴代3位・2004年度世界ランキング第2位)
  • 2004年
  • ベルリンマラソン             第2位(日本歴代9位・2004年世界ランキング5位)
  • 2005年
  • 日本陸上競技選手権大会       5000m  第2位
  • 2005年
  • 日本陸上競技選手権大会       10000m 第3位(世界選手権日本代表)
  • 2005年
  • ヘルシンキ世界陸上競技選手権大会 10000m 21位
  • 2006年
  • マイアミマラソン              優勝(大会新記録)
  • 2006年
  • 日本陸上競技選手権大会       10000m 第2位(アジア大会日本代表)
  • 2006年
  • 札幌国際ハーフマラソン        第2位 1時間09分19秒
  • 2006年
  • ドーハ・アジア大会            10000m 第3位(銅メダル)
  • 2007年
  • ロッテルダムマラソン          優勝 2時間26分37秒
  • 2008年
  • 全日本実業団対抗陸上競技選手権 10000m 第4位(日本人第1位)32分14秒10
  • 2008年
  • 名古屋ハーフマラソン          優勝 1時間09分31秒(07年度世界ランキング第20位)
  • 2009年
  • ホクレンディスタンスチャレンジ 10000m 優勝(32分06秒07/09年度日本ランキング第5位)
  • 2009年
  • 山陽女子ロード             10km 第2位
  • 2010年
  • 丸亀国際ハーフマラソン        第5位
  • 2010年
  • 青梅マラソン               30km 第2位
  • 2010年
  • 名古屋国際女子マラソン       第3位
ベスト記録
  • 5000m:
  • 15分20秒75(2004年日本選手権 第4位)
  • 10000m:
  • 31分35秒18(2005年日本選手権 第3位)
  • ハーフマラソン:
  • 1時間08分45秒(2004年札幌ハーフマラソン 優勝 日本歴代5位)
  • マラソン:
  • 2時間23分26秒(2004年ベルリンマラソン   第2位 日本歴代9位)
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]