ライツネットワークメンバーの野村弘樹プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
野村 弘樹

Hiroki Nomura

90年代の横浜を代表するエース左腕
野村 弘樹
略歴
1969年6月30日生まれ。広島県出身。左投左打。小2の時に、父親の勧めで野球を始める。87年には、名門・PL学園高のエースとして、甲子園春夏連覇を達成した。88年、ドラフト3位で大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)に入団。背番号21。10月には、プロ初登板で初完封勝利。93年、最多勝利(17勝)を獲得。98年の日本シリーズ第1戦では、先発投手を務めた上に自ら2塁打2本の活躍で、チームの日本一へ弾みをつけた。2002年現役引退後、 湘南シーレックスの投手コーチに就任。翌年は、横浜ベイスターズの投手コーチとして、チームを4年ぶりのAクラスに導いた。2006年シーズンから、ニッポン放送、サンケイスポーツで、野球評論家を務める。
主な講演テーマ
座右の銘は「感謝」
高校で春夏連覇、プロ1年目に初完封勝利を成し遂げるなど、栄光に満ちた野球人生に見えるが、本人は奢ることなく周りへの感謝を忘れない。その姿勢は、現役引退会見でのコメントにも表れている。「ボールも速くないし、凄い変化球を持っているわけでもないピッチャーが、15年もやって来れました。自分一人ではどうにもならないことだから、家族・チームメイト・監督・コーチ・球団・ファンに支えられたからだと思います。101勝も出来たことに周りの人たちに感謝したい」
主な競技歴
1977年 広島中央リトルリーグ入団
1978年 広島ジャガーズ(ボーイズ・リーグ)に移籍
1985年 中学卒業と同時に広島ジャガーズを退団
PL学園高入学
1987年 第59回選抜高等学校野球大会 優勝
第69回全国高等学校野球選手権大会 優勝 ※春夏連覇達成
1988年 ドラフト3位で大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)入団
10月 プロ初登板で初先発、初完封、初勝利、無四球試合を達成
1993年 最多勝利賞のタイトル獲得(17勝)
1998年 13勝8敗の成績で、チームのセリーグ優勝、38年ぶりの日本一に貢献
1999年 左肘の遊離軟骨除去手術を受ける
2002年 現役引退
2003〜05年 横浜ベイスターズ 投手コーチ
2007〜10年 横浜ベイスターズ 投手コーチ
◎通算成績 301 試合 101 勝 88 敗 防御率 4.01
現在の活動
<ラジオ> ニッポン放送 野球解説
<新聞>  サンケイスポーツ 専属評論家
<テレビ> フジテレビ「すぽると!」野球解説
        TVKプロ野球中継「熱烈ベイスターズLIVE!!」
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]