ライツネットワークメンバーの中野眞理子プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
中野 眞理子
Mariko Nakano(旧姓・岡本)
バレーボール・モントリオール金メダル全日本チームのキャプテン。
現在は「夢をあきらめないで」などのテーマ講演など幅広い分野で活躍。
中野眞理子
略歴
大阪府出身。旧姓・岡本。子供の頃は体が弱かったが、中学2年の時、バレーボール部顧問の先生の勧めで入部。中学・高校とバレー部で活躍。その後、日立に入社し、バレーボール部でキャプテンを務める。また、2度の五輪を始め国内外で活躍。引退後、結婚し2児の母に。現在は講演活動などで活躍している。
中野眞理子
主な競技歴
1972年 ミュンヘン五輪 銀メダル
1974年 メキシコ世界選手権 金メダル
1976年 モントリオール五輪 金メダル
アジア大会 金メダル
現在の活動
  • ・「マリサ・エバー11」両親のいない子やハンディキャップを持った子たちの応援
    ・ 国際交流団体「マリコリーマンカレッジ」主宰。
    ・ スポーツジャーナリスト
著書

「人生の金メダリストになるために」(中経出版)
「あきらめないで」(中経出版)
教育ビデオ「いじめの問題」(グッドワーク協会)

[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]