ライツネットワークメンバー村上恭和のプロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
村上 恭和
Yasukazu Murakami
監督として女子選手を指導して20年以上。ロンドンで銀、リオで銅と2大会連続メダルに導き、その手腕が注目される卓球指導者
北京オリンピック後の2008年10月に日本女子代表監督に就任。ロンドンオリンピックでのメダル獲得という至上命題に、「ミッションから逆算して戦略を練る」村上流マネジメントで見事銀メダルをもたらし、リオデジャネイロオリンピックでは、2大会連続メダルのミッションを見事クリアした。
その戦略立案やチームづくりに力を注ぐマネジメント・スタイルがスポーツ各界はもちろん、ビジネス界からも注目されている。
村上恭和
略歴
1957年12月9日生まれ。広島県尾道市出身。小学6年生のときに卓球に出会う。近畿大学付属福山高校から近畿大学に進み、一貫して卓球選手として活躍。
30歳のとき、和歌山相互銀行の卓球部で現役生活を終え、ママさん卓球の指導者として独立。
1990年、日本生命女子卓球部監督に就任。6年後に日本一になって以来、常勝チームとして君臨するチームに作り上げた。
1996年、日本女子代表コーチに就き、北京オリンピック後の2008年10月から監督。
2012年8月、ロンドンオリンピックにおいて日本卓球界悲願の初メダルを獲得。リオデジャネイロ五輪の監督に留任するとともに、2020年のオリンピックで金メダルを獲る戦略構想に着手。リオでは、15歳の伊藤美誠選手を積極起用し、2大会連続のメダルに導いた。
主な競技歴
1983年 世界卓球選手権大会 混合ダブルス 出場
現在の活動
・卓球ナショナルチーム女子監督
・日本生命卓球部監督
主な講演内容

「勝利はすべてミッションから始まる」
「4年でメダル」「ミッションから逆算して戦略を練る」をキーワードに、実際にロンドンで銀メダルを獲得するまでの戦略を披露。戦略の立て方、20年以上女子選手を指導してきた経験から、女性との信頼関係の作り方、勝つチームの作り方などについて伝えます。

著作
・『勝利はすべてミッションから始まる』(WAVE出版刊)
・『女子卓球の真実』 (啓文社刊/DVD)