ライツネットワークメンバーの望月聡プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
望月 聡
Satoru Mochizuki
Jリーガー、日本代表として活躍後、指導者の道を歩み、大宮アルディージャ、浦和レッドダイヤモンズにて下部組織の指導を経験。2008年よりなでしこジャパンコーチに就任。北京オリンピックでのベスト4、FIFA女子ワールドカップドイツ大会優勝、ロンドンオリンピック銀メダルに貢献。
望月聡
略歴
1964年5月18日生まれ。滋賀県出身。膳所ジュニアサッカー少年団から栗津中学校―守山高校―大阪商業大学に進む。JSLの(株)NKK日本鋼管へ入社。 Jリーグ発足後は浦和レッズ、京都パープルサンガでプレー。89年イタリアW杯予選ではMFとして日本代表になる。京都パープルサンガ、ヴィセル神戸、大宮アルディージャ、浦和レッズで指導者を歴任し、08年よりなでしこジャパン(日本女子代表)コーチ、びわこ成蹊スポーツ大学准教授に就任。
望月聡
主な指導歴
1998年 京都パープルサンガ コーチ
2000年〜2001年 ヴィッセル神戸コーチ
2002年〜2003年 大宮アルディージャ ジュニアユースコーチ
2004年〜2005年 大宮アルディージャ ジュニアユース監督
2006年 浦和レッドダイヤモンズ ジュニアユースコーチ
2007年 浦和レッドダイヤモンズ ユースコーチ
2008年〜 なでしこジャパン コーチ
びわこ成蹊スポーツ大学准教授
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]