ライツネットワークメンバーの衣笠祥雄プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
衣笠 祥雄
Sachio Kinugasa
2215試合連続出場の世界記録を樹立した鉄人。野球解説者、スポーツコンサルタントなど幅広く活躍中
衣笠祥雄
略歴
京都・平安高校のとき、捕手として甲子園に出場。1965年、広島カープに入団し、内野手に転向。4年目にして一塁のレギュラーポジションを獲得。以後、1970年秋の巨人戦以来、厳しいコーナーを責められ161回もの最多死球を受けながらもケガを押して出場。連続試合出場の記録更新を重ね、1987年にはルー・ゲーリックのもつ世界記録を抜いた。この直後、球界2人目の国民栄誉賞を受賞し、記念すべき年となった10月、シーズン終了後2215試合出場記録を最後に引退した。その後、野球解説者、スポーツコンサルタントなど幅広く活躍中。1996年、野球殿堂入りしている。
主な競技歴
【獲得タイトル】
MVP1回、打点王1回、盗塁王1回、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞3回、
スポーツビリー・フェアプレー賞1回、月間MVP4回
【通算成績】
実働年数:23年
出場試合数:2677試合
通算打席:9404打席
通算安打:2543安打
通算本塁打:504本
通算打点:1448打点
生涯打率:.270
【その他】
日本シリーズ5回出場34試合/0.155
オールスター13回出場39試合/0.214
2打席連続ホームラン、代打ホームラン
正力松太郎賞、国民栄誉賞、野球殿堂入り
著書

『お父さんから君たちへ』(講談社)
『ルー・ゲーリックを超えて』(ベースボール・マガジン社)
『野球の夢一途に』(NHK出版)

[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]