ライツネットワークメンバーの菊地奈々子プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
菊地 奈々子
Nanako Kikuchi
白井・具志堅スポーツジム所属
中学時代はバドミントン部。短大では写真を学んだ。まったく畑違いのボクシングに飛び込んだ後、紆余曲折はあったものの、05年日本人初の世界タイトル獲得。1度は防衛に成功するも、2度目の防衛戦は失敗。 世界王座奪回に挑む女子ボクサー
菊地 奈々子
略歴
1975年3月25日生まれ、神奈川県出身。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業後、22歳のときに見たアニメ「あしたのジョー」に触発されて、都内のボクシングジムに入会。
仕事の都合でしばらく遠ざかっていたが、2002年に知り合いが始めた代々木ブルースカイジムに入会。2003年9月、プロデビュー戦で初勝利。2004年、デビューから無傷の5戦5勝で日本ミニフライ級タイトル王座を獲得。2005年11月、タイ・バンコクの刑務所で行なわれたWBC女子世界ストロー級タイトルマッチを制し、日本人女子として初のメジャー世界タイトル王座を獲得。初防衛に成功したが、2007年5月のカリーナ・モレノ(アメリカ)に敗れて王座を明け渡した。同年8月から新王者の元で3カ月間武者修行を行なう。
2008年2月、白井・具志堅スポーツジムに移籍後、JBCが女子ボクシングを正式認可したことにより、プロボクサーとしてデビュー。2戦連続TKO勝ちを飾る。12月8日、初の日本人同士の対戦となった「WBC女子世界タイトル戦」で惜敗。一時は引退も考えたが、「これでは終われない」との思いで、再びリングに上がる決断をした。09年6月26日、東洋太平洋王座決定戦にて勝利し初代王者となり、同年12月見事防衛。世界王者奪回に向けて弾みをつけた。
主な競技歴
2002年 7月14日 第5回ワイルドハート女子ボクシング大会 午前の部MVP
2003年 9月21日 4回戦 新井彩菜真戦 3-0で判定勝ち
2004年 2月22日 4回戦 上村里子戦 2-0で判定勝ち
  5月23日 4回戦 池山直戦 3-0で判定勝ち
  7月18日 4回戦 石山絵里戦 3-0で判定勝ち
  9月18日 日本ミニフライタイトル王座決定戦
8回戦 渡辺まりか戦
3-0で判定勝ち
日本王座獲得
2005年 3月29日 中国・瀋陽 8回戦 Choi Eunsun(北朝鮮) 判定負け
  6月13日 日本ミニフライ級タイトルマッチ
8回戦 池山直戦
1-1で引き分け
日本王座防衛
  11月7日 タイ・バンコク郊外
WBC女子世界ストロー級タイトルマッチ
10回戦 ノンマイ・ソーシリパン戦
7R 0分50秒
TKO勝ち
世界タイトル獲得
2006年 5月10日 タイ・バンコク郊外
WBC女子世界ストロー級タイトルマッチ
10回戦 シリパン・ソーシリパン戦
3-0で判定勝ち
初防衛
2007年 5月17日 米カリフォルニア州リムーア
WBC女子世界ストロー級タイトルマッチ
10回戦 カリーナモレノ戦
0-3で判定負け
2008年 6月9日 ダイヤモンドグローブ・ザ・カンムリワシファイト
6回戦 ペットチェイングライ・シットクルマッド(タイ)戦
1R 1分12秒
TKO勝ち
2008年 10月13日 6回戦 リリー・ラチャプラチャジム(タイ)戦 2R 1分54秒
TKO勝ち
2008年 12月8日 WBC女子世界ライトフライ級暫定タイトルマッチ
10回戦 富樫直美戦
10R 21秒
TKO負け
2009年 6月26日 OPBF(東洋太平洋)女子ライトフライ級王座決定戦
10回戦 江畑佳代子戦
3-0で判定勝ち
王座獲得
2009年 12月2日 OPBF(東洋太平洋)女子ライトフライ級タイトルマッチ
10回戦 ヤニ・ゴーキャットジム戦(タイ)
9R 1分26秒 TKO勝ち
タイトル防衛
他、キックボクシング1戦1勝、フルマラソン3時間16分50秒(2002年大田原マラソン)
関連リンク
菊地奈々子 オフィシャルサイト
スポナビ 世界戦情報サイト
菊地 奈々子
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]