ライツネットワークメンバーの川口晃平プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
川口 晃平
Kouhei Kawaguchi
スノーボードの魅力を知り、世界を旅しながらその魅力を伝える伝道師。
小学6年生の時に友人の誘いからスノーボードを知り、それ以来世界最速を目指して滑りつづける。北海道クラーク記念国際高等学校在学時より日本代表選手として世界を転戦。現在に至るまで数々のタイトルを獲得する日本人のトップアスリートであり、スノーボードの魅力を伝えるためにヨーロッパでのスキルアップキャンプを開催、アルパインスタイルの魅力についても積極的に普及活動を行う伝道師である。
川口 晃平
略歴
川口 晃平
  • 1982年8月14日
  • 北海道札幌出身。
  • 1995年
  • 友人に誘われ、スノーボードを始める
  • 1998年
  • 北海道札幌市立簾舞中学校卒業
  • 1999年
  • 日本代表選手として、ワールドカップを転戦し始める
  • 2001年
  • 北海道クラーク記念国際高等学校卒業
  • 2001年
  • 日本体育大学体育学部入学
  • 2005年
  • 日本体育大学卒業
主な競技歴
  • 1998年
  • FIS公認ふくしま大会 SL2位
  • 1999年
  • FIS世界選手権大会(当時最年少で出場) SBX36位、PSL37位
  • 2002年
  • FIS ワールドカップ真駒内大会 PSL18位(W杯PSL自己ベスト)
  • 2003年
  • 冬季アジア選手権 青森大会 GS 優勝、SL 優勝
    SAJ 第9回全日本選手権 新潟大会 PSL 優勝
  • 2004年
  • SAJ 第10回全日本選手権 群馬大会 GS 優勝
  • 2006年
  • FIS 北米カップOKEMO大会 PGS優勝(日本人初の快挙)
  • 2007年
  • SAJ 第13回全日本選手権 郡上大会 PGS 優勝
  • 2008年
  • FIS ワールドカップ第9戦 郡上大会 PGS 24位(W杯PGS自己ベスト)
    SAJ 第14回全日本選手権 新潟大会 PGS 準優勝
  • 2009年
  • FISレース オーストリア・インスブルック PSL 3位
    世界選手権(韓国・カンウォン) PGS 22位、PSL 27位
 
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]