ライツネットワークメンバーの香月よう子プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
香月 よう子
Yoko Katsuki
スポーツや教育を通しての町づくりがテーマ。アナウンサー、コメンテーター、講演などで日々走り回っています。きてきて先生プロジェクトからだつくり部も始動!地域の子どもたちにスポーツを指導するほか、学校授業で跳び箱、マット運動をはじめとしたサポートが必要な授業へ活動を展開しています!
香月よう子
略歴
東京FMのパーソナリティなどアナウンサー業のかたわら、フィルムコミッション、中心市街地活性化、町づくり等、省庁主催のシンポジウムのパネリスト、コーディネーター、講演を行う。一方で、子供を中心とした町づくりを信条にNPO「きてきて先生プロジェクト」の代表として、子どもにかかわる大人を増やし、町を元気にする子供のコミュニティ再生活動を展開。第5、6期東京都生涯学習審議委員、東京都地域教育推進ネットーワーク学校支援部会のメンバーなどをつとめる。3歳の子どもを持つ働く女性として、生活者の視点からの活動を展開。
講演、研修テーマ
アナウンサー、パーソナリティの立場から
  • 「小学生〜高校生までのキャリア教育の一環として、アナウンサーという職業とは」
  • (経済産業省地域自律型キャリア教育事業で、小学生、中学生むけに講演)
  • 「好感のもてる話し方、コミュニケーションのとり方」
  • 「子どもとのコミュニケーションのとり方」
  • 「仕事ができる人のコミュニケーション」
  • 「会話力をつける!」
きてきて先生の立場から
  • 「教育で町おこしを」
  • 「地域コーディネーターで地域力を」
ワーキングマザーの立場から
  • きこ書房「愛される子どもに育つ英国式コミュニケーション(西出博子著)」に執筆
関連リンク
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]