ライツネットワークメンバーのデューク更家プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
上川 徹
Toru Kamikawa
世界が認めたレフェリー(元国際審判)世界での経験を伝えていく
1963年生まれ。鹿児島県出身。東海大学を卒業後フジタに入社し日本サッカーリーグ(JSL)で活躍。(現・湘南ベルマーレ)91年にレフェリーを目指すため、現役を引退。引退直後から93年のJ1リーグ創設のために設置された選手経験者向け審判講座に参加、94年に1級審判。98年から国際審判として活躍する。2002年からは事実上のプロ審判(スペシャルレフェリー)として日韓W杯から2大会連続で主審を担当し、ドイツW杯では日本人で初めて3位決定戦を裁き、試合後にポルトガル代表スコラーリ監督やドイツ代表オリバー・カーンからも賞賛されるなど、国内はもちろん世界でも高く評価された。
2007年1月に引退し、トップレフェリーインストラクターとして後進の指導にあたる。
上川 徹
サッカー歴
Buzz Bullets
  • 鹿児島県市立鴨池小学校サッカー少年団
  • 鹿児島県市立鴨池中学校サッカー部
  • 国立鹿児島県高専サッカー部(1981年日本ユース代表)
  • 東海大学体育会サッカー部
  • (株)フジタサッカー部(現・湘南ベルマーレ)
審判歴
  • 1991年
  • 3級審判員取得
  • 1992年
  • 2級審判員取得
  • 1994年
  • 1級審判員取得
  • 1996年
  • Jリーグ主審デビュー
  • 1998年
  • 国際主審登録
  • 1998年
  • 国際Aマッチ主審デビュー
  • 2002〜
     2006年
  • スペシャルレフェリー契約(プロ審判)
  • 2002年
  • 日韓W杯審判に選ばれる(日本人4人目)
  • 1stラウンド アイルランド対カメルーン 主審
  • 2006年
  • 2大会連続ドイツW杯審判に選ばれる
  • 1stラウンド「ポーランド対エクアドル」主審
  • 1stラウンド「イングランド対トリニーダード・トバコ 」主審
  • 3位決定戦「ドイツ対ポルトガル」主審(決勝トーナメントでの主審は日本人初)
  • 8月 ロシア・プレミアムリーグ「ルチネギア対スパルタク・モスクワ」主審
  • 12月 天皇杯準決勝「浦和対鹿島」主審(最後の主審)
受賞歴
  • 2002年
  • AFCベストレフェリー
  • 2003年
  • Jリーグ優秀主審賞
  • 2006年
  • Jリーグ優秀主審賞
  • 2007年
  • 第56回日本スポーツ賞「競技団体別優秀賞」
  • 2007年
  • 第45回南日本スポーツ賞 他
講演活動実績
  • 2006年10月
  • 北海道帯広 毎日新聞 「W杯を一番近くで見た男」
  • 2006年11月
  • 鹿児島県南さつま市役所 「世界に通じたゲームコントロール」
  • 2007年1月
  • 海老名少年少女スポーツクラブ発足式 「夢のフィールドに立って」
  • 2007年1月
  • 文京区教育委員会 「サッカーにおける審判の役割」他
その他の活動
  • (テレビ)
  • 2006年10月
  • テレビNHK総合「にんげんドキュメント もうひとつのワールドカップ〜審判・上川徹の挑戦〜」他
  • (雑誌)
  • 2006年11月
  • AERA「現代の肖像」
  • 2006年10月
  • 月間情報誌 SQUET 他
  • (新聞)
  • 2006年8月
  • 産経新聞連載「世界が認めたホイッスル」他
関連リンク
 
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]