ライツネットワークメンバーの今関 勝プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
今関 勝
Masaru Imazeki
エム・アイスポーツ所属
辛さと栄光を知る、野球伝導師 ─ベースボール・アドバイザー
神奈川の強豪・武相高校に入学するもいじめにあい、1年で中退。翌年神奈川県立大楠高校に再入学し、プロを目指して練習を積む。3年時に高校野球連盟の規則によって試合出場ができなくなったことで、ウィーンベースボールクラブに所属。その後、NTT東京を経ては93年にドラフト3位で日本ハムファイターズに入団。スキンヘッドで気迫のこもったピッチングで人気を博した。ローテーションの一角を守り、96年には11勝をあげ、オールスター戦にも出場。2000年に日本ハムを退団し、アメリカ独立リーグのブリッジポート・ブルーフィッシュに入団。メジャー昇格まで後一歩と思われた矢先、家庭の事情で帰国。現在、ベースボール・アドバイザーとして講演、執筆、野球指導を通じて野球振興に努める。その一方で、自身の経験に基づきいじめ問題にも言及している。
今関 勝
主な競技歴
  • 1990年
  • 神奈川県立大楠高等学校3年時ウィンベースボールクラブ所属
  • 1991年
  • NTT東京所属
  • 1993年
  • ドラフト3位で日本ハムファイターズ 入団
  • 1996年
  • 11勝をあげ、オールスターに出場
  • 2000年
  • 日本ハムファイターズ 退団
  • 2001年
  • アメリカ独立リーグ ブリッジポート・ブルーフィッシュ 入団
  • 2003年
  • アメリカ独立リーグでの成績(ブリッジポート・ブルーフィッシュ)10勝8敗、防御率3.39
  • アトランティックリーグ オールスター出場
  • 通算成績/114試合出場 486 1/3回26勝30敗 376奪三振 防御率 4.39
  • 初登板 1993年4月15日対ダイエー
  • 初勝利 1994年4月17日対近鉄
  • 初奪三振 1993年4月15日対ダイエー 湯上谷
執筆活動
  • 共同通信「スポーツ随想」連載7回
  • 毎日新聞「いじめについて」コラム
  • スポーツナビ「アテネオリンピック野球」「日本シリーズ」「球界再編」「プレーオフ」
  • 「ワールドベースボールクラシック」「トライアウトについて」
  • 月刊自己表現「これまでにおける大きな決断」
  • マスジマスタジアム「日本シリーズ」など
出演
  • フジテレビ. すぽると「独立リーグに関して」
  • テレビ朝日. 報道ステーション「体罰と躾について」
  • BS朝日. アテネ五輪・野球予選ハイライト
  • スカイパーフェクトTV. 伊集院光の野球バン「北海道日本ハムファイターズの展望」
  • TBSラジオ. MIX「球界再編について」
  • TBSラジオ. ザ・ロード・トゥ・スーパーヒーロ「今関野球人生・独立リーグ・野球への想い」
  • 東京FM. GREEN WIND 「今関野球人生」など
 
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]