ライツネットワークメンバーの波留敏夫プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
波留 敏夫
Toshio Haru
 
98年横浜日本一に貢献したガッツプレーヤー。現在は、中日一軍打撃コーチ
波留敏夫
略歴
1970年5月25日生まれ。京都府出身。私立大谷高から熊谷組を経て、94年ドラフト2位で横浜に入団。ガッツあるプレーがファンを沸かせる人気者。主に2番・中堅手として活躍。04年に現役引退するまで、セ、パ3球団に在籍し、計8人の監督のもとでプレーした経験は、『組織づくり』をテーマにする講演、野球解説活動に役立っている。現在は、中日一軍打撃コーチ。
◎通算記録 打率.280 913試合 266打点 44本塁打 76盗塁
波留敏夫
主な講演テーマ
  • ●パワー全開! ガッツで行こう! 〜波留はなぜ強いのか?
    174cm、76kgとプロ野球選手としては小柄ながら、持ち前のガッツで野球ファンに親しまれた波留敏夫。現役時代の数々のエピソードを交えて、野球人生のすべてを語ります。
  • ●野球大好き 〜波留流、夢のつかみ方
    人間関係、礼儀、自立心、夢、挫折、努力――多くのことを学べる野球の面白さや素晴らしさと共に、夢をもつこと、夢に向かって努力することの大切さをお話します。
  • ●組織は指導者で決まる 〜対話と実行力
    11年間のプロ生活で8人の監督と出会い、また自らもキャプテンを務めた経験から、指導者の大切さと、どうすればチームが最大限の力を発揮できるかをお話します。
主な競技歴
  • 1978年
  • 小学2年生のとき町内野球チーム「山科ユーホー」入団
  • 1983年
  • 京都市立観修中学 野球部入部(キャプテンを務める)
  • 1986年
  • 私立大谷高校(京都)入学 野球部入部
  • 1987年
  • 秋季大会ベスト4(キャプテンを務める)
  • 1989年
  • 熊谷組入社
  • 1990年
  • 全日本メンバー選出
  • 1992年
  • 都市対抗野球 準優勝
  • 1993年
  • 社会人野球 ベストナイン
  • 1994年
  • ドラフト2位で横浜ベイスターズに入団
  • 1998年
  • 横浜ベイスターズ リーグ優勝、日本一
  • 2001年
  • 中日ドラゴンズに移籍
  • 2003年
  • 千葉ロッテマリーンズに移籍
  • 2004年
  • 現役引退
現在の活動
  • ・横浜DeNAベイスターズ 打撃コーチ
  • ・野球教室、ジャパンアスレチックアカデミーなどで講師活動
[講演会など、スポーツ選手への各種出演依頼はライツへ/トップページへ戻る]