ライツネットワークメンバーの青島 健太プロフィール
お問い合わせ・出演依頼はこちら
青島 健太
Kenta Aoshima
スポーツの醍醐味、素晴らしさをあらゆるメディアで伝え続けるスポーツライター・キャスター
青島 健太
略歴
昭和33年(1958年)4月7日新潟県新潟市生まれ。
埼玉県立春日部高、慶応大、東芝と進み、昭和60年(1985年)ヤクルトスワローズに入団。同年5月11日の対阪神戦(神宮)でプロ野球史上20人目となる、公式戦初打席でホームランを放つ。
5年間のプロ野球生活引退後のオフ、新しい人生を模索中に、東京広尾の図書館で知り合ったオーストラリア人との会話がヒントになり、半年間の研修の後オーストラリアへ日本語教師として渡る。
そこで知り合った人々との交流を通して、厳しいプロ野球生活の中で忘れかけていたスポーツをする喜びや、楽しみ方を思い出し、そのスポーツの素晴らしさの伝え手となることを決意し帰国。スポーツライターとして新しい道を歩み始める。
現在はあらゆるメディアを通して、スポーツの醍醐味を伝えている。鹿屋体育大学、流通経済大学、日本医療科学大学客員教授
経歴
1974年 埼玉県草加市立栄中学校卒業
1977年 埼玉県立春日部高校卒業
1981年 慶応義塾大学法学部政治学科卒業
1981年 株式会社東芝入社(広告部)
1985年 ヤクルト・スワローズ入団
1989年 シーズン終了後、同球団退団
1990年 オーストラリア・ビクトリア州にて日本語教師
1991年 帰日 以後スポーツ・ライターとして執筆活動開始
球歴
埼玉県立春日部高→慶応→東芝→ヤクルト
1975年 秋季埼玉県大会優勝・同関東大会ベスト4
1979年 東京六大学秋季リーグ戦 1シーズン6本塁打22打点の新記録
1983年 社会人野球都市対抗優勝 オールジャパン選出2回
1985年 プロ野球初打席初ホームラン(5月11日対阪神戦)
   
2004〜2005年 新潟クラブチーム 「ウェルネス魚沼」監督
2005〜2007年 社会人野球「セガサミー野球部」監督
免許、資格等
中・高 社会科教員免許
普通車自動車免許
自動二輪大型免許
社交ダンス3級(モダン)
出演番組
「J SPORTS」(J SPORTS ESPN )
「キャッチ・ザ・ベースボール」(TBSラジオ)
「プロ野球解説」(TBSラジオ)
「通勤ラジオ」(KBCラジオ)
「ラジオナビ」(TBCラジオ)
連載
毎日新聞(時評・点描)
ヘッドライン(青島健太BODY&SOUL)
フォーブス日本版(スポーツアイ)
日経BPnet (オヤジ目線の社会学)
講演テーマ

・テレビ出演
NHK-BS「BSスポーツニュース」キャスター(1993年〜3年間)
NHK総合「サタデースポーツ」キャスター(1994年〜1年間)
NHK-BS「リレハンメル・オリンピック特番」「日韓ワールドカップ特番」「NBA特番」「MLB特番」など(1994年)
TBS「スポーツ十番勝負」(1996年)
PerfecTV地球の声「スポーツコネクション」「アトランタオリンピック」キャスター(1996年)
TBS「世界陸上アテネ大会」現地リポーター(1997年)
TBS「長野オリンピック」「おはようクジラ」キャスター(1998年)
TBS「シドニーオリンピック」キャスター(2000年)
TBS「ソルトレークシティオリンピック」キャスター(2002年)
テレビ東京 サッカー・ワールドカップ日韓大会・キャスター
テレビ東京「アテネ五輪」現地キャスター(2004年)
フジテレビ「メジャーリーグ中継」ナビゲーター(2005年) その他出演多数

・CM出演
アサヒ・スーパードライ/アリコ・ジャパン/ベンザブロック/JR東日本/
鈴廣かまぼこ/やずや/日経CNBC/メタボリック撲滅推進委員会
講演テーマ

「元気のレシピ(つくり方)」
満たされない環境にあるからこそ、それをエネルギーにパワーが出る。
逆境こそ、歓迎すべきエネルギー源だ。
スポーツはそのメカニズムをわかりやすく教えてくれる。

「スポーツ的マネジメントのすすめ」
自分自身をつかめない人に周りの人の心はつかめない。
自分を知り、周囲を知る。
互いの持ち味を活かし合い、支え合うのが、スポーツのマネジメント。
そのためには、自分力を特化させる必要がある。

「NOチャレンジ NOチャンス」
野球(日本)とベースボール(米国)の違いからスポーツの本質を考える。
見えてくるものは、挑戦(チャレンジ)することの大切さ。
チャレンジなきところにチャンスなし。