「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2018年の試合結果INDEX > 佐々木元、藤田さいき、髙橋礼華の試合結果
JapanCup鵠沼大会フリースタイル・フラットで、佐々木元が最初の王者に!
[BMXフラットランド:JapanCup1 鵠沼大会]
◇4月29日(日祝) ◇神奈川県藤沢市・鵠沼スケートパーク

 全日本フリースタイルBMX連盟が主催するJapanCupの種目に、今年からフラットランドが加わり、その最初の大会が鵠沼で行なわれました。

 記念すべき第1回大会には、多くのトップライダーが出場しましたが、その中でも実績ナンバーワンの佐々木元が、予選、決勝とも1位で、見事第1回大会のチャンピオンに輝きました。

 本人は自身のインスタグラムで結果を報告。「FISEで悔しい想いをした後だったので今日は気持ちよく終わる事が出来て本当に嬉しいです‼︎」とコメントしています。

今シーズン最初の公式戦サロンパスカップで藤田さいきは4オーバー11位タイ
[ゴルフ:ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ]
◇5月3日(木祝)~6日(日) ◇茨城県つくばみらい市・茨城ゴルフ倶楽部 西コース

 今シーズン最初の公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」が茨城ゴルフ倶楽部 西コースで開催され、藤田さいき(チェリーゴルフ)は、2日間の予選ラウンドを終え、首位と3打差の2アンダー3位タイにつけました。

 迎えた第3ラウンドは、6つスコアを落としてしまい、14位タイに後退。最終ラウンドは3バーディ3ボギーのイーブンでまとめ、トータル4オーバー11位タイでトーナメントを終えました。

日韓バドミントン競技大会で髙橋・松友ペアは1試合出場し勝利も日本は惜敗
[第35回日韓バドミントン競技大会]
◇5月4日(金祝)~5日(土休) ◇富山県高岡市・高岡市民体育館

 日韓で交互に開催している日韓バドミントン競技大会が、今年は富山県の高岡市で開催され、髙橋礼華・松友美佐紀ペア(日本ユニシス)は、大会初日の第1ダブルスで登場しました。

 対戦相手はチャン・イェナ/ジュン・キュンユンのペアで、第1ゲームは競り合いから終盤に突き放して21-18で取ると、第2ゲームはいきなり6連続ポイントの好スタートを切ったものの、徐々に差を詰められ一時は15-16と逆転を許します。しかし、再逆転すると、そのままなんとか押し切り、22-20でしっかりと勝利しました。

 髙橋・松友ペアの勝利で2-0とした日本チームでしたが、その後のシングルス2つとダブルス1つが相次いで敗れ、2-3で惜敗。翌日の大会2日目は髙橋・松友ペアの出番はありませんでしたが、2日目も2-3で韓国に敗れ、大会を終えています。

 埋め込み動画は、第2ゲームの様子です。第1ゲームの模様は⇒ こちら

◇試合結果◇
4日/日本 ●2-3 vs 韓国
・第1ダブルス(パートナー:松友美佐紀選手)
  ○21-18,22-20 vs CHANG Ye Na/JUNG Kyung Eun
5日/日本 ●2-3 vs 韓国
  ※髙橋礼華・松友美佐紀ペアの出場はなし