「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2018年の試合結果INDEX > 杉田祐一,藤田さいき,荒牧太郎,守屋宏紀の試合結果
ドバイでのATP500大会で杉田祐一が8強!第2シードとフルセットも惜敗
[テニス:ATP500「Dubai Duty Free Tennis Championships」]
◇2月26日(月)~3月3日(土) ◇UAE/ドバイ

 ドバイで開催されたATP500大会で、杉田祐一(三菱電機)が2勝を上げベスト8に進出しました。準々決勝では、第2シードで世界15位のリュカ・プイユ選手(フランス)を相手に、第1セットを先取。第2セットもチャンスはありましたがものにできず奪われると、フルセットの末に惜しくも敗れました。

 杉田がATP500大会で8強に進出したのは、昨年のバルセロナオープン、楽天ジャパンオープンに続いてこれが3度目で、初の4強進出はなりませんでした。

 本人はツイッターで下記のように報告。今週は、インディアンウェルズのマスターズ1000に出場します。

◇試合結果◇
・シングルス
27日/1回戦 ◯7-5,6-1 vs Ilya.Ivashka(BEL)
28日/2回戦 ◯7-6(4),6-4 vs Jan-Lennard.Struff(GER)
1日/準々決勝 ●6-3,3-6,2-6 vs Lucas.Pouille(FRA)

・ダブルス(パートナーは、インドのDivij.Sharan選手)
28日/ダブルス1回戦 ●5-7,1-6
   vs Marcin.Matkowski(POL)/Aisam-Ul-Hag.Qureshi(PAK)

ダイキンオーキッドレディスで藤田さいきは9位T!シーズン開幕好スタート
[ゴルフ:ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント]
◇3月1日(木)~4日(日) ◇沖縄県南城市・琉球ゴルフ倶楽部

 日本女子プロゴルフツアーの開幕戦が今年も沖縄・琉球ゴルフ倶楽部でのダイキンオーキッドレディスで開幕。4日間72ホールでのトーナメントの予定が第3日が荒天で中止となり、54ホールに短縮されての開幕戦となりました。

 初日をイーブンパー26位タイで終えた藤田さいき(チェリーゴルフ)は2日目、5バーディ1ボギーの68で回って、首位と4打差の7位タイまで順位を上げ予選ラウンドを通過しました。

 そして中止となった第3ラウンドを挟んだ最終日、スコアを2つ伸ばしたものの3位タイとは1打差の9位タイで開幕戦を終えました。

 藤田は自身のブログ「久しぶりの試合なのでやっぱり緊張しましたね(*´ω`*) でもとても楽しい気持ちでもプレーできたので、何だか不思議な感じでした!」と開幕戦を振り返っています。

バルドラール浦安が全日本フットサル決勝R進出!荒牧太郎は3試合連続得点
[フットサル:第23回全日本フットサル選手権大会 1次ラウンド]
◇3月2日(金)~4日(日) ◇静岡県袋井市・エコパアリーナ

 荒牧太郎が所属するバルドラール浦安は、全日本フットサル選手権の1次ラウンドのリーグ戦を3戦全勝で1位となり、決勝ラウンド進出を決めました。

 1次リーグの最終戦は、同じFリーグのヴォスクオーレ仙台と2勝同士での対戦となりましたが、浦安は先に2点取られる苦しい展開を35分(残り5分)にひっくり返し、最終的には6-4で逆転勝利を収め、決勝ラウンドの準々決勝へ駒を進めました。

 荒牧太郎は、予選ラウンドの3試合すべてで先発出場すると、各試合で得点を上げ、チームに貢献しました。決勝ラウンド進出を決めた仙台戦では、5-3で迎えた39分、相手がキーパーを上げて攻撃してくる中、無人となったゴールにロングシュートを放ち、ダメ押しとなるゴールを決めています。そのゴールの模様は下記の動画をご覧ください(シュートの場面から開始します)。

 本人はブログで、予選ラウンド3試合すべて先制点を取られながら逆転したことに触れ、「思い通りに試合を進めることなど不可能です。そういう状況を踏まえて監督は僕らにあらゆる準備をさせてきたと思うし、苦しい状況を、試合の展開を、全員が受け止めた上で前に進もうとしていたはず。だからこそ幸運にも勝利が転がって来たと思ってます。」と振り返り、「勝利を掴めたのは全員の些細な行動の積み重ねがあったからこそ。それをまた準々決勝でもピッチで表現する。」と、次の試合に気持ちを向けています。

 準々決勝は、Fリーグの2チームを抑えて1位通過を決めたフウガドールすみだのセカンドチーム、フウガドールすみだバッファローズと対戦します。試合予定はこちら

◇バルドラール浦安の試合結果◇
2日 ◯7-2 vs PSTCロンドリーナ(関東地域第2代表/神奈川県)
   ※荒牧太郎は前半18分にチームの2点目をゲット!

3日 ◯4-3 vs ボルク北九州(九州地域第2代表/福岡県)
   ※前半13分反撃の狼煙を上げるチームの1点目をゲット!

4日 ◯6-4 vs ヴォスクオーレ仙台(Fリーグ9位)
   ※終了間際の39分、ダメ押しの6点目をゲット!

慶應チャレンジャーに出場した守屋宏紀は、予選から勝ち上がりベスト8進出
[テニス:「慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」]
◇2月26日(月)~3月4日(日)◇大会グレード:ATPチャレンジャー$75,000
◇横浜市港北区・慶應義塾大学 日吉キャンパス 蝮谷テニスコート

 ATPチャレンジャー$75,000「慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」が、慶應義塾大学 日吉キャンパスで開催され、守屋宏紀(北日本物産)は予選3試合をすべてストレート勝利で勝ち上がり、本戦入りを決めました。

 迎えた本戦1回戦も6-0,6-2と危なげなく勝利すると、2回戦は相手が棄権しベスト8進出。迎えた準々決勝は、第7シードの伊藤竜馬選手(北日本物産)と対戦。3-6,3-6と一歩及ばず、準決勝進出はなりませんでした。

 守屋は下記のようにツイッターで試合についてコメントしています。

◇試合結果◇
24日/予選1回戦 ◯6-2,6-4 vs 関口周一(Team REC)
25日/予選2回戦 ◯6-3,6-0 vs 片山 翔(伊予銀行)
26日/予選決勝 ◯6-2,6-3 vs Daniel.Nguyen(USA)
27日/1回戦 ◯6-0,6-2 vs Konstantin.Kravchuk(RUS)
28日/2回戦 ◯相手棄権により勝利 vs John.Millman(AUS)
2日/準々決勝 ●3-6,3-6 vs 伊藤竜馬(北日本物産)